FAKE screen ベティ

公式サイト: http://www.fakemovie.jp

森達也監督最新作、出演・佐村河内守。
衝撃のラスト12分間!
【終了日:7/8(金)】

【監督】森達也
【キャスト】佐村河内守
2016年/日本/109分/東風/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
6月04日(土)〜6月10日(金)
12:00〜13:50
16:35〜18:30
21:05〜22:55 [レイト]
6月11日(土)〜6月17日(金)
16:05〜18:00
6月18日(土)〜6月24日(金)
17:10〜19:05
6月25日(土)〜7月01日(金)
20:50〜22:40 [レイト]
7月02日(土)〜7月08日(金)
17:20〜19:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
会員 ¥1,200 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・6/4(土)16:35の回上映後、
 森達也監督による初日舞台挨拶

[下記回は、日本語字幕付き上映]
6/5(日)16:35の回
6/6(月)12:00の回
6/13(月)16:05回
6/20(月)17:10回
6/27(月)20:50回
7/4(月)17:20回
にて実施

パンフレットをネットショップで販売中

観てない人とは、話せない
これは、ふたりの物語

『A』『A2』以来実に15年ぶりの森達也監督作。佐村河内守氏の自宅でカメラを廻し、その素顔に迫る。取材の申し込みに来るメディア関係者たち、ことの真偽を取材に来る外国人ジャーナリスト…。市場原理によってメディアは社会の合わせ鏡となる。ならばこの「ゴーストライター騒動」は、社会全体が安易な二極化を求めていることの徴候と見ることもできる。 はたして何が本当なのか? 誰が、誰を騙しているのか?
映画は、この社会に瀰漫する時代の病をあぶりだしながら、衝撃のラストへとなだれ込む。

【佐村河内守氏をめぐる騒動について】

聴覚障害をもちながら、「鬼武者」などのゲーム音楽や『交響曲第1番《HIROSHIMA》』を発表し、「現代のベートーベン」とまで称賛された佐村河内守氏。しかし「週刊文春」で音楽家の新垣隆氏が佐村河内氏との関係を告白、掲載翌日の会見で佐村河内氏のゴーストライターとして18年間にわたり作曲をしていたこと、佐村河内氏が楽譜を書けないこと、耳は聞こえており、通常の会話でやり取りしていたと語った。いっぽう、佐村河内氏は、主要な楽曲が自身だけの作曲ではないことについては代理人を通じて公表し、後の会見でゴーストライター騒動を謝罪した。しかし、新垣氏に対しては名誉棄損で訴える可能性があると語った。そして、その後はメディア出演を断り、沈黙を続けている。

関連映画
「FAKE」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)