神聖なる一族24人の娘たち screen ジャック

公式サイト: http://24musume-movie.net/

自然崇拝と大らかな性で人生を謳歌する人々の摩訶不思議な物語がベールをぬぐ―。
【終了日:12/23(金)※12/10(土)〜12/16(金)は休映】

【原題】Nebesnye zheny lugovykh mari
【監督】アレクセイ・フェドルチェンコ
2012年/ロシア/106分/gome/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
12月03日(土)〜12月04日(日)
21:10〜22:55 [レイト]
12月05日(月)〜12月09日(金)
11:45〜13:35
21:10〜22:55 [レイト]
12月17日(土)〜12月20日(火)
20:10〜21:55 [レイト]
12月21日(水)
15:45〜17:35
12月22日(木)〜12月23日(金)
20:10〜21:55 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(11/29(火)まで)有隣堂伊勢佐木町本店(上映期間中も販売/特典は付きません)
前売り券特典:ポストカードセット
パンフレットをネットショップで販売中

世界に平和を!

500年もの間、ヴォルガ河畔で独自の言語と文化を保ってきたMari(マリ)人たち。彼らは、ロシア連邦の中で際立って特異な民族で、どこにもない宗教や世界観を持ち、彼らの間には、今も様々なフォークロアが息づいている。本作は、マリの女性たちにまつわる説話を基に映画化。ロシア版「遠野物語」や「アイヌ民話」のような、優しくて哀しい不思議な世界が広がる。
監督のアレクセイ・フェドルチェンコは、長編デビュー作『First on the Moon』(05)で、ヴェネチア映画祭にてオリゾンティ・ドキュメンタリー賞を受賞。その後、民俗学者であり、作家のデニス・オソーキンと組んで制作した『Silent Souls』(10)は、ヴェネチア映画祭コンペ部門の撮影賞と国際批評家連盟賞を受賞するなど、今、世界の映画人からの注目を集めている気鋭の映画作家。
本作でフェドルチェンコは、ロシアの少数民族で、独自の言語、文化、宗教を持つマリ人の女性たちに光を当てた。再びデニス・オソーキンとタッグを組み、マリの伝承や慣習なモチーフに女性たちの物語を作り上げた。そして、マリ・エル共和国に移り住み、1年をかけて撮影を敢行。四季の移り変わりによって様々に彩られる風景と、世俗的な近代性に染まることなく、独自のフォークロアの中に生きる女性たちの美しさを、まるで、印象派の巨匠ルノワールの絵画のように瑞々しく、鮮やかに描き出しつつ、どこにもない摩訶不思議な世界を作り上げた。

【名前が“O”から始まる24人の娘たちの「生」と「性」の物語が幕をあける。 嘘か真か、真実は風の中。】

理想的な夫を選ぶ目を養うためにバケツいっぱいのキノコの形を丹念に調べるオシュチレーチェ、小枝のように細かいオシャニクを豊満な体にするため、裸の体を布で拭くまじないを施すオカナイおばさん
夫に想いを寄せる醜い森の精霊に呪いをかけられてしまうオロプチー
男の亡霊たちの気まぐれにのせられて、裸で踊る姉たちを目撃する少女オルマルチェ・・・

関連映画
「神聖なる一族24人の娘たち」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)