はるねこ screen ベティ

公式サイト: http://haruneko-movie.com

さあ 歌いましょう 踊りましょう。青山真治、仙頭武則プロデュース、甫木元空監督デビュー作!
【終了日:6/16(金)※1週限定上映】

【監督】甫木元空
【キャスト】山本圭祐,岩田龍門,赤塚実奈子,川合ロン,高橋洋
2016年/日本/85分/DCP

十分余裕をもってお座りいただけます。
6月10日(土)〜6月16日(金)
21:10〜22:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
上映期間中、連日イベント開催!

6/10(土)上映前、初日舞台挨拶
山本圭祐(主演)、青山真治(プロデューサー)、甫木元空(監督)、福本剛士(出演・宣伝担当)

6/11(日)上映後、ライブ
青山真治(プロデューサー)、甫木元空(監督)

6/12(月)上映後、トークショー
川瀬陽太(出演)、甫木元空(監督)、青山真治(プロデューサー)

6/13(火)上映後、トークショー
須森隆文(俳優)、甫木元空(監督)、広田智大(助監督)、福本剛士(出演・宣伝担当)

6/14(水)上映後、トークショー
山本圭太(照明)、鈴木余位(撮影)、青山真治(プロデューサー)、甫木元空(監督)

6/15(木)上映後、トークショー
※登壇者が変更になりました。
川合ロン(出演)、山本圭祐(主演)、甫木元空(監督)

6/16(金)上映後、ライブ
青山真治(プロデューサー)、甫木元空(監督)

がっしゃん ドン。
旅の終わりに ぜひここに 寄ってみてください

折に触れて、といっても木々がのべつまくなし語るのをやめるほんの短い期間、それも客の来ない明るい昼下がりなんかだけだとしても、店長はつい想像する、ばーは自分と一緒に死ぬためにここへ来たのではないか、と。ここでまことと出会ったというがあれは嘘じゃないか。あらかじめ父と言い交わした約束があって待っていた、とか。

だから父のすぐあとにやってきた姉と弟、あの幼い弟のはるについ自分を重ねてしまう。

父を森へいざなったことの自分への言い訳だろうか。すべては仕組まれたことと考えれば世の中少しは生きやすくなる。けれどそういうごまかしが通じないのがこの森であることを、店長自身が誰より知っていもする。

けれど、と店長は結局いつものように打ち消す。あれが父だと誰も教えなかった。ばーもまこともただいつもより浮かない顔をしてみせ、それでそうかと勝手に考えただけだ。そもそも、ばーが本当に母かどうかさえわかっていやしない。そう思っているだけだ。勝手に思っていることは強くて、弱い。その強かったり弱かったりすることに振り回されていてもしかたない。だから店長は打ち消した。 森は、ただ、強い。

打ち消すと店長は決まってギターをチューニングする。この森にいて自分が自分でいられる、それが唯一の術だとでもいうように。いや、本当にそうかもしれないけれど、店長はそれを自分で探しだした。ギターはずっと以前森へいざなった誰かの置き土産だった。

ギターを弾いて店長は歌い、森も歌った。森が歌うから店長も歌うわけではない。どちらも勝手に歌った。

ふと店長はギターを止めた。聞いたことのない音を聞いた気がしたからだ。はるの歌声もとぎれとぎれ、聞えた。また勝手な考えが巡って飛び出して行き、本当になる。

どちらでもいい、と店長は今日来る客を想像した。

関連映画
「はるねこ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)