静かなふたり screen ベティ

パリ5区、カルチェ・ ラタン。謎めいた古書店で、わたしは<彼>と出会った
【終了日:2/9(金)※1週限定上映】

【原題】Droles d'oiseaux
【監督】エリーズ・ジラール
【キャスト】ロリータ・シャマ,ジャン・ソレル,ビルジニー・ルドワイヤン,パスカル・セルボ
2017年/フランス/70分/コピアポア・フィルム/DCP

2月03日(土)〜2月09日(金)
18:05〜19:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
パンフレットをネットショップで販売中

不器用な彼女が出会ったのは、パリで古書店を営む年老いた男。風変わりなふたりが紡ぐ愛と人生についての物語。

27歳のマヴィは、最近パリへ引っ越してきたばかり。不器用な彼女は気ぜわしい都会生活に馴染めずにいるが、ある日、従業員募集の貼り紙を頼りにカルチェ・ラタンの小さな古書店を訪ねる。そこで出会ったのは、謎めいた店主ジョルジュ。祖父と孫ほどの年齢差にもかかわらず、書物について言葉を交わし互いの孤独さを共有するうち、ふたりは徐々に惹かれあう。それは、風変わりで、静かで、けれど情熱的な愛。だがジョルジュには古書店店主とは別の、闇に包まれた過去があった。マヴィは彼の過去に触れるうち、自らもまた新たな人生へと一歩踏み出していく・・・。パリの古書店を舞台にくりひろげられる知的でロマンティックなラブストーリーであり、ひとりの女性が自分の人生を選択するまでのちょっと奇妙な成長譚。

マヴィ役は、イザベル・ユペールの娘で舞台や映画で活躍する注目の女優ロリータ・シャマ(『マリー・アントワネットに別れをつげて』)。ジョルジュ役は演技派俳優ジャン・ソレル(『昼顔』)。またマヴィの友人役で、ヴィルジニー・ルドワイヤン(『8人の女たち』)も出演。監督は、フランスの期待の新鋭エリーズ・ジラール(『ベルヴィル・トーキョー』)。実際にパリ、カルチェ・ラタンにある書店を借りて撮影された本作。ベテラン撮影監督レナート・ベルタ(『パリ、恋人たちの影』)による映像は、光と闇に満ちた現代のパリの風景を見事に捉え、どこか幻想的なこの物語を美しく彩る。

関連映画
「静かなふたり」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)