よこはま若葉町多文化映画祭2018 screen ジャック

公式サイト: http://downtownart.hama1.jp/

映画を通じて身近な世界を考える映画祭!今年は落語も開催!

8月25日(土)
16:10〜20:00
8月26日(日)
14:45〜17:00
17:30〜19:10
8月27日(月)
16:10〜20:00
8月28日(火)
16:10〜18:15
20:00〜21:30
8月29日(水)
16:10〜17:40
17:50〜19:15
8月30日(木)
16:10〜18:30
18:40〜20:05
8月31日(金)
16:10〜17:40
17:45〜19:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
※料金は作品により異なります。外国出身者/複数鑑賞割引あり

特集チラシはコチラ

【主催】よこはま若葉町多文化映画祭実行員会

横浜若葉町は、戦後GHQの飛行場として使われ、接収解除後は伝説の居酒屋「根岸家」や、美空ひばりさんの店ができるなど裏繁華街として知られ、90年代からは海外出身の人々が多く住み「日本一のタイ・ストリート」と呼ばれたこともあった。

▼『僕の帰る場所』
Passage of Life
日本・ミャンマー/日本語・ミャンマー語

監督:藤元明緒 
出演:カウン・ミャッ・トゥ、來河侑希他
2017年/98分
ある在日ミャンマー人家族の実話。夫が入国管理局に捕まったケインは日本育ちで母国語を話せない幼い息子達に、慣れない日本語で愛情を注ぐが、父に会えないストレスで兄弟は喧嘩ばかり…。第30回東京国際映画祭「アジアの未来」部門作品賞受賞。
【料金A】一般1800円/大専1500円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円(J&B会員は一般1500円/大専1200円)


▼『Journey to be continued -続きゆく旅-』
日本/日本語・English・Tagalog・Bisayan・Português
監督:岩井成昭
2017年/67分
外国人労働者とその家族が大勢居住する岐阜県可児市。美術家である監督が、美術表現を用いた独自のアプローチで外国につながる青少年との対話を試みた。撮影を進めるうちに、今後日本が向き合うべき多様な人々との共生など、様々な問いかけが生まれていった。
【料金B】一般1500円/大専1200円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円(J&B会員は一般1200円/大専1100円)
【関連企画】岩井成昭監督トーク+交流会


▼『タクシー運転手 ~約束は海を越えて~』
택시운전사
監督:チャン・フン 出演:ソン・ガンホ他
2017年/137分
1980年5月韓国光州。民主化を求める大規模なデモを軍が武力で制圧し、多数の死傷者が出たが、全く報道されなかった。戒厳令下の光州に危険を押して潜入し、その事実を世界に伝えたドイツ人記者と彼を現場に送ったタクシー運転手の実話を元にした人間ドラマ。
【料金B】一般1500円/大専1200円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円(J&B会員は一般1200円/大専1100円)

【関連企画】「光州事件で読む現代韓国」著者 真鍋祐子さんトーク+交流会


▼『立ち去った女』
Ang babaeng humayo

フィリピン/Tagalog
監督:ラブ・ディアス 出演:チャロ・サントス・コンシオ他
2016年/228分
鬼才ラブ・ディアス監督の第73回ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞作。ホラシアは殺人罪で30年の刑を終え、無実の罪をきせた元恋人への復讐のため孤独な旅に出た。道中に現れた貧しい者や心身に傷を負った者たちの助けにより、彼女は復讐のターゲットに近づいていく。
【料金D】一般2000円/学生・シニア・外国出身者・障がい者1500円(J&B会員は一律1500円)※長編特別料金のため招待券等による無料鑑賞不可
【関連企画】フィリピン音楽研究者 米野みちよさんトーク&交流会



▼『花を売る乙女』
꽃파는 처녀
朝鮮民主主義人民共和国
監督:パク・ハク、チェ・イッキュ  出演:ホン・ヨンヒ他
1972年/125分 
日本による植民地支配下の朝鮮半島。父は他界し病気の母と盲目の妹と暮らす貧しい少女コップニは、ある日朝鮮人民革命軍に入隊した兄と再会し、闘争に希望を見出してゆく。「北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ」でも引用された北朝鮮映画史を代表する作品。
【料金B】一般1500円/大専1200円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円(J&B会員は一般1200円/大専1100円)



▼『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』※日本語吹替
西遊記之大聖帰来
中国(日语配音)

監督:ティエン・シャオポン

2015年/88分
中国公開当時、国産アニメ歴代1位の興行収入(日本円で約192億円)をたたき出す大ヒットを記録した3DCGアニメーション映画。伝説のヒーロー孫悟空が封じ込められて500年。妖怪が猛威をふるう長安に暮らす孤児の少年リュウアーは、ある日偶然にも孫悟空を目覚めさせ…。
【料金B】一般1500円/大専1200円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円(J&B会員は一般1200円/大専1100円)



▼『彼の見つめる先に』
Hoje Eu Quero Voltar Sozinho

ブラジル/Português
監督:ダニエル・ヒベイロ 
出演:ジュレルメ・ロボ他
2014年/96分

若者たちの揺れる感情を描いた青春ドラマ。目の見えない高校生レオは転校生ガブリエルと仲良くなり、一緒に映画館に行ったり自転車に乗るなど新しい世界を知る。やがてそれぞれの気持ちに変化が生じはじめ…。第64回ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞とテディ賞受賞。
【料金A】一般1800円/大専1500円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円(J&B会員は一般1500円/大専1200円)


▼『祝福~オラとニコデムの家~』Komunia
ポーランド/język polski

監督:アンナ・ザメツカ

2016年/75分

14歳の少女オラは、酒飲みの父親と自閉症の13歳の弟ニコデムの3人暮らし。家を出た母親の代わりに、家事や弟の面倒をみるオラは、弟の初聖体式を成功させることに小さな希望をもっていた。山形国際ドキュメンタリー映画祭2017ロバート&フランシス・フラハティ賞受賞。
【料金C】一般1600円/大専1400円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円(J&B会員は一般1300円/大専1100円)

▼『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』Liberation Day

ラトビア・ノルウェー・スロベニア/English

監督:ウギス・オルテ、モルテン・トロービク
2016年/100分
旧ユーゴスラビア社会主義連邦共和国時代に反体制の前衛バンドとして名が知られた「ライバッハ」が、なぜか北朝鮮で海外ミュージシャンとして初のライブを開くことになった。文化のちがいや理由のわからぬ検閲に右往左往しながら奮闘する1週間をカメラが追う。
【料金A】一般1800円/大専1500円/シニア・外国出身者1100円/高校以下・障がい者1000円(J&B会員は一般1500円/大専1200円)


▼落語LIVE
桂歌丸師匠追悼「桂歌助独演会」
昭和60年、若葉町のとなり町「真金町」の遊郭に生まれ育った桂歌丸師匠に入門。7月に亡くなった歌丸師匠の二番弟子の桂歌助師匠が、書籍「師匠歌丸」出版記念も兼ねて追悼公演!本格的な落語を映画館でたっぷりと味わってください。
【料金E】一律1800円
※特別イベントのため招待券等による無料鑑賞不可

※複数鑑賞割引:料金ABC作品の半券提示で、2本目以降の鑑賞料金がABは一般のみ300円引き、Cは一般のみ200円引き(8/25~9/02の期間に限る/ABCチケットのみ適用)

 

関連映画
「よこはま若葉町多文化映画祭2018」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)