教誨師 screen ジャック

本作品の公開予定:10/6(土)〜

公式サイト: http://kyoukaishi-movie.com

教誨師とは、受刑者の心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く人。「死刑囚6人との対話が始まる。」

【監督】佐向大
【キャスト】大杉漣,玉置玲央,烏丸せつこ,五頭岳夫,小川登
2018年/日本/114分/マーメイドフィルム,コピアポア・フィルム/DCP

前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
ネットショップ(10/2(火)まで)

前売り券特典:オリジナルポストカードセット

なぜ、生きるのか。

牧師の佐伯は、半年前に着任したばかりの教誨師。彼が面会するのは年齢、境遇、性格の異なる6人の死刑囚。独房で孤独な生活を送る彼らにとって、教誨師はよき理解者であり、格好の話し相手。真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始する者もいる。一方の佐伯は彼らに寄り添いながらも、自分の言葉が本当に届いているのか、死刑囚たちが心安らかに最期を迎えられるよう導くのは正しいことなのか苦悩する。その葛藤を通し彼もまた、忘れたい過去と対峙し、自らの人生と向き合うことになる……。全編、ほぼ教誨室という限られた空間での会話劇ながら息つく暇もなく、時にユーモアを交えて展開される魂のぶつかり合い。次第に浮き彫りとなるそれぞれの人生、そして人間の本質。“死”の側からとらえた強烈な“生”の物語。

【大杉漣、最初のプロデュース作にして最後の主演作】

主演の佐伯に大杉漣。その膨大なセリフ量とユニークな内容故、「役者にケンかを売ってるのかと思った」と評した脚本を、まさに全身全霊を捧げて体現、圧巻の存在感を見せる。大杉にとって最後の主演作であり、また唯一のプロデュース作となった。対する死刑囚や国光石研、烏丸せつこ、古舘寛治といったベテラン俳優や、映画初出演となる劇団“柿喰う客”の玉置玲央らが扮し、限りある命を持つ者同士、激しい火花を散らす。監督・脚本は死刑に立ち会う刑務官を描いた『休暇』や『アブラクサスの祭』の脚本、『ランニング・オン・エンプティ』の監督を務めた佐向大。

関連映画
「教誨師」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)