ブルーノート・レコード ジャズを超えて screen ベティ

80年にわたりジャズをリードしつづける革新的レーベル「ブルーノート・レコード」。その真実に迫る傑作ドキュメンタリー。
【終了日:2019年10/25(金)】

【原題】Blue Note Records: Beyond the Notes
【監督】ソフィー・フーバー
【キャスト】ハービー・ハンコック,ウェイン・ショーター,ルー・ドナルドソン,ノラ・ジョーンズ,ロバート・グラスパー
2018年/スイス,アメリカ,イギリス/85分/ポリドール映像販売/DCP

10月12日(土)〜10月18日(金)
15:55〜17:20
10月19日(土)〜10月25日(金)
12:50〜14:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
※【横濱JAZZ PROMENADE】チケット・バッジの提示で、一般料金から300円OFF

マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで──

第二次世界大戦前夜、ナチス統治下のドイツからアメリカに移住した二人の青年、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフ。
大のジャズ・ファンであった彼らは、1939年にニューヨークで小さなレコード会社「ブルーノート・レコード」を立ち上げた。
レコーディングにあたって、アーティストに完全な自由を渡し、かつ新曲を書くよう励ます──
理想を求め、妥協することのないライオンとウルフの信念は、
ジャズのみならず、アート全般やヒップホップ等の音楽に消えることのない足跡を残してきた。
映画はスタジオの風景から始まる。
ロバート・グラスパーを中心に若手アーティスト達で結成されたスーパー・グループ、ブルーノート・オールスターズ。
現在のブルーノートを代表する彼らのレコーディング・セッションに、
2人のレジェンド、ハービー・ハンコックとウェイン・ショーターが現れる──
のちに監督自身が「魔法のような時間だった」と振り返るスペシャル・セッションの映像やレアなアーカイヴ映像、
そして歴代のブルーノートのアーティストたちや、レーベルと密接に関わった人々との対話を通じて、
80年にわたり世界中の音楽ファンを魅了しつづけるジャズ・レーベルの真実に迫る、傑作ドキュメンタリー。

関連映画
「ブルーノート・レコード ジャズを超えて」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)