水の声を聞く screen ジャック

公式サイト: http://www.mizunokoe.asia/

祝・キネマ旬報ベスト・テン日本映画部門第9位!そこに、“愛”はありますか?山本政志監督、入魂の最新作

【監督】山本政志
【キャスト】玄里,趣里,村上淳,鎌滝秋浩,中村夏子
2014年/日本 /129分/CINEMA IMPACT/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
1月24日(土)〜1月30日(金)
17:45〜20:00
1月31日(土)〜2月06日(金)
13:30〜15:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,300円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)、ネットショップ(1/20(火)まで)
1/25(日)17:45回上映後、横浜公開記念舞台挨拶
 登壇者(予定):
 玄里さん、村上淳さん、山本政志監督ほか

そこに“愛”はありますか?

東京・新宿コリアンタウン。
在日韓国人のミンジョンは美奈の誘いにのり、軽くひと稼ぎし、頃合いを見てやめるつもりで巫女を始めた。
しかし、救済を乞う信者が増え、宗教団体『真教・神の水』が設立され、後戻りができない状況になってくる。
借金取りに追われる父親、それを追う狂気の追跡者、教団を操ろうとする広告代理店の男、教団に夢を託す女、救済を乞う信者達、ミンジョンは聖と俗の狭間で苦悩し、偽物だった宗教に心が入ってくる。

やがて、ミンジョンは大いなる祈りを捧げ始める。
不安定な現代に、“祈り”を捧げる。
“祈り”によって、世界を救済する。
いったい何が「本物」で、何が「偽物」なのか?
大いなる祈りは、世界に届くのか?

昨年、超低予算映画ながら異例のヒット作となった大根仁監督「恋の渦」が、映画界に新風を巻き起こした。そのプロデューサである山本政志が、「恋の渦」で得た収益を全て投入し、本来の監督業に戻り、大森立嗣監督「ぼっちゃん」「さよなら渓谷」で、注目を浴びているプロデューサー村岡伸一郎と強靭なタッグを結成し、「恋の渦」とは全く異なる、またまた斬新な映画を誕生させた。

喪失感と閉塞感、混乱と混沌、不信と不安・・・出口が見えない現代・・・。『水の声を聞く』は、”今“を生きる多様な人々が織りなしていく人間模様と、植物・水・風・雲・・・自然から放射される生命力が同じ目線で描かれていく。
さらに、善と悪、陰と陽、聖と俗・・・,全てが混沌としながら微妙なバランスでスクリーンに存在している。神秘的で力強い映像が、それらを包み込み、観る者の心に水のように浸透し、渇いた魂へ潤いを与えていく。「水の声を聞く」は、閉塞した時代に向けた”魂”の映画だ。

関連映画
「水の声を聞く」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)