妻の病 -レビー小体型認知症- screen ジャック

公式サイト: DCP

伊勢真一監督作。ひとりの医師と、認知症の日々を 生きる妻との、15年間に及ぶ“いのち”を巡る愛の物語
【終了日:12/25(金)】

【監督】伊勢真一
2014年/日本/87分/いせフィルム/DCP上映

オンラインチケット購入はこちら
十分余裕をもってお座りいただけます。
12月19日(土)〜12月25日(金)
10:00〜11:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,000
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
リピーター割引1000円/「ゆめのほとり」との相互割引1000円 ※窓口にて「妻の病」「ゆめのほとり」鑑賞時の半券をご提示下さい。
・12/20(日)10:00回上映後、伊勢真一監督の舞台挨拶あり。
・12/23(水祝)10:00回上映後、伊勢真一監督の舞台挨拶あり。

「生きなきゃ・・・ ふたりで よう頑張ったと思う。」
「うん、生きなきゃ。」

誰の上にも起きる可能性がある認知症という病。
愛する人が認知症になったとき、あるいは自分が認知症になったとき、一体何が大切なのか・・・。
この映画は、一人ひとりに深い問いを投げかけています。

2011年3月11日。東日本大震災のその日、私はひとりの友人の話を聞くために、高知県南国市にいた。
友人の名は石本浩一(62才)、ふるさとのその地で小児科を開業する医師である。
十数年前、小児がんの子どもたちのキャンプで出逢い、10年がかりで『風のかたち』という映画を製作した仲間だ。その日、石本さんが語ったのは、小児がんの話ではなかった。
_レビー小体型認知症。それが、彼の妻の病名だった。


関連映画
「妻の病 -レビー小体型認知症-」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)