現在地はいづくなりや 映画監督東陽一 screen ジャック

本作品の公開予定:時期未定

公式サイト: https://izukunariya.com

独立プロ、ATG、そして現在に至るまで。映画を撮り続ける男の原点がここにある―

【監督】小玉憲一
【キャスト】東陽一,常盤貴子,烏丸せつこ,緑魔子
2020年/日本/94分/モンタージュ/

オンラインチケット購入はこちら

幻想に無関係な人生など、
この世に存在しない。

映画監督、脚本家として半世紀にわたり作品を撮り続けてきた東陽一が、初めて映画の制作過程や自身についてをカメラの前で語る。これまで多くを語ることのなかった東陽一を約1年間にわたり撮影し、文字表記の一部を旧仮名遣いにした『現在地はいづくなりや 映画監督東陽一』は完成した。
本作では東陽一の幼少期から青年期、そして現在に至るまでの足跡と、その作品を追っていく。長編デビュー作となったドキュメンタリー映画『沖縄列島』から、初の劇映画で日本映画監督協会新人賞を受賞した『やさしいにっぽん人』、その後、『日本妖怪伝サトリ』からはじまり、芸術選奨文部大臣賞を受賞した『サード』、『もう頰づえはつかない』、『四季・奈津子』、『マノン』、『ザ・レイプ』、観客動員数200万人を超える大ヒットを記録した『橋のない川』、ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞し、その名を世界に知らしめた『絵の中のぼくの村』、そして『ボクの、おじさん』、『わたしのグランパ』、『風音』、『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』、につづく最近作『だれかの木琴』までを網羅する。
また対談という形で、東陽一と東作品で主演をつとめた俳優たちが、当時の映画のバックストーリーや、東の映画に対するスタンスを語り合っている。2作品に出演し、東作品初のヒロインとなった緑魔子、続く烏丸せつこ、そして最近作から常盤貴子という豪華な顔ぶれが揃った。
映画関係者からは、映画作家で早稲田大学名誉教授でもある安藤紘平が本作の監督小玉憲一と『サード』、『だれかの木琴』から見た東陽一を語っている。また全編を通じて流れるバッハの「シャコンヌ」は撮影当時15歳の中学生だった、新進気鋭のクラシックギタリスト、大谷恵理架によるものである。
その生い立ちから、映画監督となり20本を超える映画を作った今日に至るまで、東作品はもちろん、東陽一自身をインタビューや対談、フィルモグラフィーを通してひもといていく。『現在地はいづくなりや 映画監督東陽一』は東陽一ファンであれば間違いなく楽しむことが出来る、そうでない映画ファンにとっても、日本映画史の1ページを知る上で大変興味深いものになっているはずだ。
本作はその人生を映画にささげた1人の男の歩みと、映画への想いが詰まったドキュメンタリー映画である。

「現在地はいづくなりや 映画監督東陽一」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)