ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶 screen ジャック

公式サイト: https://okinawasen.com

戦後75年 沖縄戦・体験者12人、専門家8人による証言
【終了日:2020年8/21(金)】

【監督】太田隆文
【キャスト】上江洲安昌,知花治雄,上原美智子,照屋勉
2019年/日本/105分/渋谷プロダクション/

オンラインチケット購入はこちら
8月08日(土)〜8月14日(金)
15:15〜17:05
8月15日(土)〜8月21日(金)
08:55〜10:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,400円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。
8/10(月祝)15:15回上映後、
太田隆文監督の舞台挨拶あり

【お詫び】上記舞台挨拶について、劇場スケジュールチラシにて「8/9(日)」と記載されていますが誤りで、正しくは「8/10(月祝)」の開催となります。お間違えの無いようにご注意下さいませ。ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。


日本で唯一の地上戦が行われた沖縄。その凄惨な戦闘をほとんどの日本人が知ることなく、75年の年月が経とうとしている。本土への疎開のため多くの子供達が乗った対馬丸がアメリカの潜水艦によって撃沈され1482人が死亡。嘉数高地の戦いでは多くの日本兵、そしてアメリカ兵が戦死。陸軍司令部のあった首里城の攻防。さらには渡嘉敷島で起こった集団強制死。そして摩文仁の丘での牛島司令官の自決。だが、戦闘はそこで終わっていない・・・。
戦死者20万656人。県民だけを計算すると、当時の人口の3人に1人が死亡したことになる。そんな戦闘はどのようにして始まったのか?
住民が見つめたものとは何だったのか?
その歴史の記憶を克明に描く。沖縄戦体験者12人の証言と専門家8人による解説。そして米軍が撮影した記録映像を駆使して紹介。
監督は原発事故の悲劇を描いた劇映画「朝日のあたる家」(山本太郎出演)で話題となった太田隆文監督。原発事故に続き、戦争ドキュメンタリー作品の傑作。

関連映画
「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)