ヨコハマ・フットボール映画祭2021 screen ジャック

公式サイト: https://yfff.org/yfff2021/

※日程延期となりました。

オンラインチケット購入はこちら

毎年100本近く製作される世界のサッカー映画から、日本のサッカーファン、映画ファンと楽しみたい作品を一挙に上映。



▼『俺たちブロンリーボーイズ -ヘタレなクラブの愛し方-』
(2016年/イギリス/106分)
原題:The bromley boys
監督:スティーブ・ケリー
ロンドン郊外に住む14歳のデイブにとって、一番熱いのは地元のノンリーグチーム:ブロンリーFC。日々おやじサポーターたちとツルみながら、記事チェックや戦術分析に余念がない。そんな情熱とは裏腹に、チームの成績は低迷、スター選手の移籍の噂も流れ。。。果たして、デイブは愛するクラブを救うことができるのか?

▼『壁を壊せ!-ドイツ女子サッカー 台北の奇跡-』
(2019年/ドイツ/83分)
原題:Das Wunder von Taipeh
監督 ジョン・ダーヴィト・ザイトラー
1981年、女子サッカー世界選手権の開催が発表される。西ドイツサッカー連盟にも代表派遣が打診されるが、連盟は1955年以来、クラブが女子チームを持つことを禁止していた。「女の子はバレエを習え、トラップは乳房に毒だ……。」そんな声にもひるまず、ひたむきにサッカーに打ち込んできたBグラートバッハ女子チームが、決戦の地・台北に向かうのだった。

▼『オリンピック・リヨン-女子サッカー最強チームの真実-』
(2020年/フランス映画/87分)
原題 Les Joueuses #PASLÀPOURDANSER
監督 ステファニー・ジラール
国内リーグを17回、UEFA女子チャンピオンズリーグを7回(いずれも2020年11月時点で歴代最多)の優勝を誇るオリンピック・リヨン女子チーム。男子の試合さながらに、満員の観客を沸かせるチームの2018 – 19シーズン終盤、三冠をかけて闘う姿を追ったドキュメンタリー。すべての選手からプロアスリートとしての誇りを感じさせる姿にも圧倒される。

▼『ポーツマスFC-破産からの再生-』
(2019年/イギリス映画/90分)
原題 Our Club
監督 バーナビー・フォックス
69年ぶりにFAカップを制覇し、さらなる飛躍が期待されたポーツマスFC。しかし折からの金融危機により雲行きは一変。有望選手は放出され、オーナーは何度も交代。遂に2010年、プレミアリーグ史上初の破産宣告を受ける。その時、何が起こり、どう切り抜けるべきだったのか?決して他人事ではないドキュメンタリー

▼『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』
(2019年/イギリス映画/130分)
原題 DIEGO MARADONA
監督・製作総指揮:アシフ・カパディア
神の手ゴールと5人抜きで、アルゼンチンをワールドカップ優勝に導き、差別を乗り越えてナポリでリーグ制覇を果たしたマラドーナ。しかし私生活では愛人騒動、マフィアとの交際の果てに、コカイン保持で逮捕され。。。サッカーを愛するディエゴと絶対に負けられないマラドーナという二つの顔が浮かび上がる。

「ヨコハマ・フットボール映画祭2021」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)