二重のまち/交代地のうたを編む screen ジャック

公式サイト: https://www.kotaichi.com

かつてのまちの上に、あたらしいまちがつくられた、そこへ、四人の旅人がやってくる。ちいさな〈継承〉の、はじまり、はじまり
【終了日:2021年4/22(木)】

【監督】小森はるか,瀬尾夏美
【キャスト】古田春花,米川幸リオン,坂井遥香,三浦碧至
2019年/日本/79分/東風/DCP

オンラインチケット購入はこちら
4月10日(土)〜4月16日(金)
13:00〜14:25
4月17日(土)〜4月22日(木)
09:05〜10:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
4/17(土)09:05回上映後、
小森はるか監督、瀬尾夏美監督による
リモート舞台挨拶開催

民話の萌芽のような時間を描いた奇跡の映画

二〇一八年、四人の旅人が陸前高田を訪れる。まだ若いかれらは、“あの日”の出来事から、空間的にも時間的にも、遠く離れた場所からやって来た。大津波にさらわれたかつてのまちのことも、嵩上げ工事の後につくられたあたらしいまちのことも知らない。旅人たちは、土地の風景のなかに身を置き、人びとの声に耳を傾け、対話を重ね、物語『二重のまち』を朗読する。他者の語りを聞き、伝え、語り直すという行為の丁寧な反復の先に、奇跡のような瞬間が立ち現れる。

【交代地──出来事の体験者から非体験者へ 記憶を手渡し、ちいさな継承をはじめるための場】

本作は、東日本大震災後のボランティアをきっかけに活動をはじめ、人々の記憶や記録を遠く未来へ受け渡す表現を続けてきたアーティスト「小森はるか+瀬尾夏美」によるプロジェクトから生まれた。『二重のまち』とは、かつてのまちの営みを思いながらあたらしいまちで暮らす二〇三一年の人々の姿を、画家で作家の瀬尾夏美が想像して描いた物語。陸前高田を拠点とするワークショップに集まった初対面の四人の若者たちが、自らの言葉と身体で、外の土地の過去、現在、未来を架橋していくまでを、映像作家の故森はるかが克明かつ繊細に写しとる。

関連映画
「二重のまち/交代地のうたを編む」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)