SPAAK!SPAAK!SPAAK! カトリーヌ・スパーク レトロスペクティブ screen ジャック

公式サイト: http://spaak2021.com

世界を虜にした《60's イットガール》カトリーヌ・スパーク!小悪魔的な魅力が詰まった4作品がふたたびスパーク!

DCP

オンラインチケット購入はこちら
7月17日(土)〜7月23日(金)
19:20〜
21:20〜
7月24日(土)〜7月29日(木)
12:40〜
14:40〜
7月30日(金)
12:40〜
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を4,000円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。
※4回券となります。
前売り券特典:ポストカードセット(4枚入り)
【初日先着プレゼント】
白根ゆたんぽ氏描き下ろしイラストの“ポストカード”(数量限定/無くなり次第終了)

  

パリ生まれ、パリ育ちでありながら、イタリア映画で人気を博したカトリーヌ・スパーク。『大いなる幻影』(37)や『輝きのテレーズ』(52)等、数々の名作を生み出した脚本家の父シャルルに女優の夢を反対されるも、大女優ソフィア・ローレンの後押しで1960年にイタリア映画『十七歳よさようなら』で主演デビューを果たした。パリジェンヌの気品と少女の清純さを持ちながら、自由奔放に男を振り回すというアンビバレントな魅力が同居したスパークは、娯楽映画全盛期のイタリアで大スパーク!アンナ・カリーナやクラウディア・カルディナーレといった次世代フレンチロリータたちと並ぶ人気を集め、思春期男子からオヤジたち、そしてガールズまでもトリコにした!

今回公開されるのはスパークの小悪魔的な魅力を余すことなく堪能できる至極の4作品。モリコーネら巨匠たちによる音楽や、レトロなファッション&インテリアなど、あらゆる角度から楽しめる60年代カルチャーにも注目だ。

「狂ったバカンス」
LA VOGLIA MATTA
夏の終わりのある一日、少女に惑わされる中年男を描くイタリアン・バカンス映画の異端作。
[ 1962年 / イタリア / モノクロ / スコープ / モノラル / 109分 / 映倫区分:PG12 ]
監督:ルチアーノ・サルチェ

「太陽の下の18歳」
DICIOTTENNI AL SOLE
愛すべき若者たちのバカンス模様を描いた開放感100%のリゾート・ムービー!
[ 1962年 / イタリア / カラー / ビスタ / モノラル / 100分 / 映倫区分:G]
監督:カミロ・マストロチンクェ

「禁じられた抱擁」
LA NOIA
アルベルト・モラヴィアのベストセラー小説『倦怠』を脚色した不条理な愛の物語。
[ 1963年 / イタリア=フランス / モノクロ / ビスタ / モノラル / 105分 / 映倫区分PG12 ]
監督・脚本:ダミアーノ・ダミアーニ

「女性上位時代」
LA MATRIARCA
トロヴァヨーリの音楽と”レトロ可愛い”ファッション&美術に彩られたフェティッシュ・コメディ!
[ 1968年 / イタリア / カラー / ビスタ / モノラル / 94分 / 映倫区分:R15+]
監督: パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ

 

「SPAAK!SPAAK!SPAAK! カトリーヌ・スパーク レトロスペクティブ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)