親愛なる君へ screen ベティ

公式サイト: http://filmott.com/shin-ai/

台湾アカデミー賞3冠!同性パートナーの母と子との血の繋がりを越えた“家族”の絆をつむぐ物語
【終了日:2021年9/10(金)】

【原題】親愛的房客 Dear Tenant
【監督】チェン・ヨウチェ
【キャスト】モー・ズーイー,ヤオ・チュエンヤオ
2020年/台湾/106分/エスピーオー、フィルモット/DCP

オンラインチケット購入はこちら
8月28日(土)〜9月03日(金)
11:00〜12:55
9月04日(土)〜9月10日(金)
18:55〜20:45
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
<R18+指定作品>

君が生きていてくれたら…
僕は、ただ、大好きな君を守りたかった―

世界的評価を受けた『一年之初(一年の初め)』や『ヤンヤン』など、人と人のつながりや人生模様、アイデンティティを描くことに長けたチェン・ヨウジエ監督が5年ぶりにメガホンを取り、緻密で繊細なストリーラインで愛の極限を描いた最新作。ミステリアスで重いサスペンス調の展開を匂わせつつ、徐々に真実が解き明かされていくと、彼が描写を得意とする人を想う温かな情感溢れる結末まで一気に導いていく。主演は『一年之初(一年の初め)』でもタッグを組んだモー・ズーイー。本作でも高い評価を受け、第57回台湾アカデミー賞(金馬奨)と、第22回台北映画奨で最優秀主演男優賞を受賞。また、老婦の名演が光ったチェン・シーファンは、第57回台湾アカデミー賞で最優秀助演女優賞を獲得した。

【物語】
老婦・シウユーの介護と、その孫のヨウユーの面倒をひとりで見る青年・ジエンイー。血のつながりもなく、ただの間借り人のはずのジエンイーがそこまで尽くすのは、今は亡き同性パートナーの家族であるふたりの世話をすることで、彼への何よりの弔いになると感じていたからだった。しかし、ある日、ジウユーが急死してしまう。その死因を巡り、ジエンイーは不審の目で見られるようになる。警察の捜査によって不利な証拠が次々に見つかり、終いには罪を認めてしまう。だがそれはすべて、愛する“家族”を守りたい一心で選択したことだった…

関連映画
「親愛なる君へ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)