迷子になった拳 screen ベティ

公式サイト: https://lostfist.com

人はなぜ闘うのか—。現代に生きる、全ての“迷子”たちに贈るヒューマン・ドキュメンタリーの傑作がここに爆誕!
【終了日:2021年7/30(金)※1週限定上映】

【監督】今田哲史
【キャスト】金子大輝,渡慶次幸平,ソー・ゴー・ムドー,ロクク・ダリル
2020年/日本/110分/SPOTTED PRODUCTIONS/DCP

オンラインチケット購入はこちら
7月24日(土)
21:10〜23:00
7月25日(日)
13:00〜15:10
7月26日(月)〜7月30日(金)
21:10〜23:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
7/24(土)21:10回上映後と、
7/25(日)13:00回上映後に舞台挨拶開催
登壇者:渡慶次幸平さん(本作出演/ミャンマーラウェイ2018年世界王者)、今田哲史監督

高いミャンマーラウェイの壁に挑む彼らの頬に流れるのは、血か汗か涙か…?

ミャンマーの伝統格闘技“ラウェイ”は、KO以外の判定による勝敗がない。最後まで立っていれば“二人の勇者”として讃えられる神聖な「世界で最も美しい格闘技」だ。
拳にバンテージのみを巻き闘う姿は、己と己の心身をぶつけ合う、本気の生き様を象徴させる。

 ミャンマーから飛び出した“ラウェイ”が日本へと降りたった時、果敢にも挑戦する老若男女の姿がそこにあった。紛争により母国を追われ日本に行きついた者、自分自身の居場所を探し求める者、家族のために再び立ち上がった者、文化交流・精神性や哲学の流布に尽力した者、興行として文化活性化を目指す者……様々な人々がラウェイの世界に飛び込み、己の尊厳と敬愛、自己実現と欲望のためにもがき、奮闘する。

 前半の物語をけん引する金子大輝 と、後半の物語の主軸を担う渡慶次幸平。本場ミャンマーの教えと日本のアウトローな体験を往来する金子に、様々な人々や状況が荒波となって押し寄せる中、日本の新しい潮流に乗ってのし上がっていく渡慶次。ラウェイという格闘技の枠を超えた「新世界」が、混沌と錯綜の果てに巡り合う時、ラウェイを取り巻く人々が魅せた激動の結末を、衝撃的に描き出していく。
 険しく困難なその道に挑戦する者こそ、己の生き様を誇りとして人生の輝きを見出すだろう。
 ハンセン病元患者の国賠訴訟の一年後を追った映画『熊笹の遺言』(2004)から16年の時を経て制作された、今田哲史監督の新作ドキュメンタリー映画がここに誕生した。

関連映画
「迷子になった拳」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)