2887 screen ベティ

公式サイト: https://www.2887web.com

名を残す名宰相か?「ヤルヤル詐欺」か?決めるのはあなたです!
【終了日:2021年9/17(金)※1週限定上映】

【監督】河野優司
【キャスト】井上伸,伊藤真,大城尚子,金丸信吾,小出裕章,斎藤貴男,澤地久枝
2021年/日本/105分/ブルーレイ上映

オンラインチケット購入はこちら
9月11日(土)〜9月17日(金)
15:30〜17:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・9/11(土)15:30回上映後、初日トークショー開催
登壇者:池添徳明さん(ジャーナリスト)、河野優司監督

・9/12(日)13(月)15(水)16(木)17(金)15:30回
 上映後、河野優司監督による舞台挨拶開催

安倍首相は2019年11月20日、首相在位が2,887日となりました。この間に何をやって何をやらなかったのか、5つのテーマ(アベノミクス、憲法改正、福島原発、辺野古新基地建設、拉致問題)を設定し、その足跡を検証して記録します。最近では「新型コロナ」への対応で多くの問題点が指摘され、二人の国会議員の逮捕ではそれへの関与もささやかれて、すっかり自民党内での立場も危うくなってきました。このような中、8月28日に安倍首相は健康を理由に辞意を表明しました。アベ政権を倒そう、などという意図から生まれたものではないので、たとえ辞めようとも、この映画が影響を受けることはありません。これはドキュメント映像ではなく、安倍首相の2,887日を辿る記録映画なのです。

映画『2887』制作意図
制作する私たちは、映画制作のプロではありません。しかし、素人には素人の目がある。この視点だけは忘れることなく、私たちが見たい映像と、聞きたい人の声を拾っていきます。撮影は、澤地久枝さんが毎月三日に国会前で続ける静かな集会、「アベ政治を許さない」から始まりました。澤地さんにインタビューし、斎藤貴男さんのお話を聞いてシナリオを構成しました。福島を歩き、帰還困難区域の今を見つめ、沖縄を歩き、辺野古で反対運動の声に耳を傾けました。拉致の現場にも足を運んでみました。これは、「映画で社会を読む会」が制作した嘘のないロードムービーなのです。

「2887」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)