歌と羊と羊飼い screen ジャック

公式サイト: http://g-film.net/sheep/

ゴスペルを歌うこと。生きること、愛すること、
【終映日:2022年10/14(金)】

【監督】四海兄弟
【キャスト】眞塩藍咲,HIKARU,MARISA
2021年/日本/56分/ガチンコ・フィルム/

オンラインチケット購入はこちら
10月08日(土)〜10月14日(金)
12:45〜13:50
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,200
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
本作は、3年に一度の音楽の祭典
【横浜音祭り2022】の一環で、
<音“映画”祭り2022>として上映します。

共催 横浜アーツフェスティバル実行委員会
横浜音祭り2022 公募サポート事業

日本に生まれた、珠玉のゴスペルドキュメンタリー

2014年に劇場公開されたドキュメンタリー映画『GOSPEL』(監督:松永大司)から7年、日本に新しいゴスペルドキュメンタリー映画が誕生した。
製作総指揮は『GOSPEL』でプロデューサーを務め、ミス日本50周年ドキュメンタリー『夢こそは、あなたの生きる未来』(監督:小野篤史)などドキュメンタリー映画をはじめインディペンデント映画の製作を手掛ける飯塚冬酒。
監督は、ベトナム人青年と日本人青年の結婚式を追ったドキュメンタリー映画『ぼくと、彼と、』、横浜・長者町の伝説のライブハウスのドキュメンタリー『FRIDAY』の四海兄弟。
本作は、飯塚冬酒×四海兄弟の3作目となるドキュメンタリー映画。
今の日本に生きるゴスペルアーティストたちに焦点を当て、ゴスペルを通じて「生きること」「愛すること」を強く問いかける。
スペイン生まれのゴスペルシンガー(MARISA)、米国黒人教会でゴスペルを指導していた経歴を持つ牧師(Rev.Taisuke)、全国ゴスペルコンテストに挑戦する二人の少女(眞塩藍咲、HIKARU)、ゴスペルに向き合うゴスペルミュージシャン(遠谷政史、大山小夜子、Pencil Bunch)、ゴスペルと出会い変わっていく女性(杉本民奈子)。
それぞれの活動を中心に、ゴスペルに関わる人々の想いと人生が交錯していく。

関連映画
「歌と羊と羊飼い」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)