文禄三年三月八日 screen ジャック

主演・松平健。家康の接見を果たすため京へ向かう石舟斎。その旅路を邪魔する半蔵一味ー
【終了日:2022年1/21(金)】

【監督】秋原北胤
【キャスト】松平健,和泉元彌,瀬野和紀,咲良
2021年/日本/72分/カエルカフェ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
1月08日(土)〜1月14日(金)
11:00〜12:30
1月15日(土)〜1月21日(金)
19:20〜20:50 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
1/8(土)のみ本作音楽監督クリヤ・マコト生演奏上映※鑑賞料金は、通常料金+追加1000円となります。
★1/8(土)初日記念!
本作音楽監督クリヤ・マコト生演奏上映
※鑑賞料金は、通常料金+追加1000円となります。
※前売券をお持ちの方は、当日劇場窓口にて1000円をお支払い下さい。

★下記の日程の上映後、下記登壇者による舞台挨拶あり(予定)

・1/9(日)秋原北胤監督、咲良さん

・1/10(月祝)秋原北胤監督、須之内啓行さん、荒井涼さん

・1/11(火)秋原北胤監督

・1/12(水)秋原北胤監督

・1/13(木)秋原北胤監督

・1/14(金)秋原北胤監督

・1/15(土)秋原北胤監督、DJ TAIJIさん、伊藤拓摩さん

・1/16(日)秋原北胤監督、雲井晴荷さん、米山敬子さん

・1/17(月)秋原北胤監督

・1/18(火)秋原北胤監督

・1/19(水)秋原北胤監督

・1/20(木)秋原北胤監督

・1/21(金)秋原北胤監督、帆南さん

無尽蔵な奇襲が繰り広げられる、24時間アクション時代劇がここに完成!

柳生石舟斎(松平健)V S服部半蔵(和泉元彌)
無尽蔵な奇襲が繰り広げられる、24時間アクション時代劇がここに完成!
豊臣秀吉(DJ TAIJI)に嫌疑をかけられていた柳生石舟斎宗厳(松平健)は
太閤検地により隠田摘発で領地を失い柳生一族はその地を追われることとなった。
石舟斎は新陰流を絶やさぬよう小さな村に質素な道場を創設すると村をあげての騒ぎとなり、その噂は瞬く間に広がり京まで届くのであった。
道場創設を聞きつけた徳川家康(当時、山城伏見城の普請を務めていた羽柴江戸大納言。以下家康)より石舟斎の『無刀取り』の腕前を図るため接見を切望しているとの書簡が届く。
没落した柳生一族の本貫の返還を掛けた接見になると確信した柳生宗矩(瀬野和紀)はこれを好機と捉え父石舟斎を説得。石舟斎は京へ向かうことを決意するのであった。
一方、秀吉のいる聚楽第へ向かう長政、家康が石舟斎と接見する事を秀吉へ伝えると怒りに狂い今すぐに石舟斎を抹殺するよう長政に命じるが、突如姿を現した服部半蔵(和泉元彌)が石舟斎へ奇襲をかけ抹殺することを約束する。
道場で旅支度を終える宗矩へ「寅の刻」の出発を告げる石舟斎、
寒空に浮かぶ月があたりを照らし『子の刻から亥の刻』まで、
間断なく石舟斎を襲う苦難の旅が始まろうとしている。
(C)KAERUCAFE

「文禄三年三月八日」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)