わんぱく戦争(字幕版/デジタルリマスター版) screen ベティ

ユーモアにあふれた楽しい「わんぱく戦争」が半世紀の歳月を超えて帰ってくる。
【終了日:2021年12/10(金)】

【監督】イヴ・ロベール
【キャスト】アンドレ・トレトン,アントワーヌ・ラルチーグ,ジャン・リシュール
1961年/フランス/94分/ユナイテッドエンタテインメント/DCP

オンラインチケット購入はこちら
11月27日(土)〜12月03日(金)
10:50〜12:30
12月04日(土)〜12月05日(日)
18:40〜20:20
12月06日(月)〜12月10日(金)
11:00〜12:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
11/27(土)28(日)本編前の予告編時、若葉町ウォーフのワークショップで子供たちが作った短編映画(約4分)上映あり
(指導:ジャック&ベティスタッフ鈴木、宮﨑、佐藤)

60年ぶりにフランスの悪ガキたちが”わんぱくマーチ”に乗って戻ってきた!

フランスの国民的作家ルイ・ペルゴーの小説「ボタン戦争」(1912)を、舞台俳優出身の監督イヴ・ロベールが、『禁じられた遊び』のシナリオを描いたフランソワ・ボワイエと共同で脚色!南フランスの田舎の風景をバックに、軽快なタッチで描かれる子供たちによる争いの様子は、日本も含め世界中で大ヒットし、その後も何度かリメイクが作られるなど人気を博した。

出演した100人の子供たちは演技経験の全くない素人だったが、彼らの元気溢れる自然な演技は観客の心を掴んで離さない。強い団結力によって統率された少年グループ2組の抗争を、文字通り体当たりで表現してみせた。また劇中でも流れる軽快な「わんぱくマーチ」は当時のNHK「みんなのうた」にも選ばれ、作詞家 阪田寛夫氏(童謡「ねこふんじゃった」「サッちゃん」)による歌詞がつけられて当時の子供たちにも口ずさまれることとなった。

そんな不朽の名作が製作から実に60年の時を経て、デジタルリマスター化されスクリーンに帰ってきた!


【ストーリー】
美しい自然に囲まれた南フランスの片田舎。
隣り合った二つの村、ロンジュヴェルヌとヴェルランの子供たちはいつも睨み合っていた。
それぞれの大将はルブラックとラズテック。戦場は村の境界にある砂地の原っぱで、勝った方の戦利品は相手の服のボタンだ。戦いに負け、ボタンを奪われてしまったルブラック、家に帰ると親に大目玉を食らってしまった。
今度は何とかして無傷で勝ちたい、そこである妙案を思いつくのだった…。

関連映画
「わんぱく戦争(字幕版/デジタルリマスター版)」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)