愛について語るときにイケダの語ること screen ジャック

公式サイト: https://ikedakataru.movie

池田英彦の初監督作にして遺作、障害を持った者のリアルな愛を映す映画【終了日:2022年1/21(金)】

【監督】池田英彦
【キャスト】池田英彦,毛利悟巳
2020年/日本/58分/ブライトホース・フィルム/DCP

オンラインチケット購入はこちら
1月15日(土)〜1月21日(金)
16:15〜17:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・1/15(土)16:15回上映後、初日トークショー開催
登壇者(予定):毛利悟巳さん(俳優/本作出演)、真野勝成さん(脚本家/本作プロデューサー)

・1/16(日)16:15回上映後、トークショー開催
登壇者(予定):ロバート・ハリスさん(作家、ラジオ・ナビゲーター)、毛利悟巳さん(俳優/本作出演)、真野勝成さん(脚本家/本作プロデューサー)

残されたのは膨大なセックスの記録―障害を持った者のリアルな「愛」とは?
今は亡き一人の青年があの世から問いかける超問題作!!!

四肢軟骨無形成症のイケダは身長100センチ。スキルス性胃癌ステージ4の宣告を受けた彼は、生きているうちにセックスを沢山したいと考え、その過程でカメラを回し始める。その楽しみを覚えたイケダはある企みを思いつく。「僕の本当の姿を映画にして、見せつけてやる」。そして、20年来の親友である脚本家・真野勝成を巻き込み、虚実入り乱れた映画の撮影を始める。エンディングは初めからイケダの死と決まっていた。

「僕が死んだら必ず映画館で上映してほしい」と言い残してイケダは2年間の闘病後に逝去。あとにはイケダが「作品」と呼んだ不特定多数の女性とセックスを記録した映像をはじめとする、60時間を超す素材が遺された。

イケダの意思を受け継ぎ映画を完成させたのは、彼の親友にして、『相棒』『デスノート Light up the NEW world』等のヒット作の脚本を手掛ける真野勝成。そして、編集を務めたのは、『ナイトクルージング』『マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画』等の監督作がある佐々木誠。膨大に残された断片的な素材を58分に見事まとめあげた。

ポスタービジュアルには、おしゃれをして渋谷の街に繰り出すイケダのポートレートが使用されており、「僕の最後、映画にしちゃう?」とカメラを持っている真野に話しかける姿がビジュアルに採用されている。また、エッセイスト、漫画家の能町みね子に加え、自身も脳性麻痺患者の姿を赤裸々に捉えた「さようならCP」等、数多くの傑作ドキュメンタリーを監督した原一男も、本作について太鼓判を押す。
当事者自ら、命をかけて、障害を持った者のリアルな「愛」を描いた、これまでにない骨太かつポップな“多様性”を捉えた必見の<超>問題作!

(C)2021 愛について語る時にイケダが語ること

「愛について語るときにイケダの語ること」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)