シークレット・マツシタ 怨霊屋敷 screen ジャック

公式サイト: https://secret-matsushita.com

南米で失神者を続出させた戦慄の<日系ペルー・ホラー>ついに日本逆上陸!【終映日:2022年3月18日(金)※1週間限定上映】

【原題】Secreto Matusita
【監督】ドリアン・フェルナンデス=モリス
【キャスト】ブルーノ・エスペホ,ルピタ・モーラ,エドゥアルド・ラモス,ウィリー・グティエレス
2014年/ペルー/77分/TOCANA/DCP

オンラインチケット購入はこちら
3月12日(土)〜3月18日(金)
21:45〜23:05
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

これは実話です。

今、明かされる衝撃の事実。 それは、実在する幽霊屋敷で起こった…。
南米ペルー共和国の首都リマに、伝説の幽霊屋敷が実在する。かつて日系人の一家が住んでいたその屋敷は“マツシタ邸”と呼ばれ、現地の人々に口にすることさえ忌まわしいと恐れられている。凄惨な事件の現場となり、数々の超常現象の目撃が報告されているその屋敷に、ある撮影チームが潜入し、そして消息を絶った。これは、失踪事件から6か月後に発見された、ビデオデータに記録された信じられない出来事の全貌である…。
“マチュピチュ”を超えるペルーの神秘。
禁断の日系怨霊伝説を遂に映画化!
2021年に独立から200年を迎えたペルー共和国は古くから日本と関係が深く、19世紀から数多くの日系移民を受け入れてきた。そうした移民の子孫は日系ペルー人としてペルーの政治や経済で大きな役割を果たしているが、長い歴史の中、当然日系人が関係した事件やトラブルも数々発生している。幽霊屋敷“マツシタ邸”伝説も、ある一家の心中事件が発端となり、東洋の神秘=日本という謎と不思議に満ちたイメージとも相まって、ペルー最大の都市伝説の一つとなっている。その禁断のテーマを描いた初の日系ペルー・ホラー「シークレット・マツシタ/怨霊屋敷」は、ペルー全土150館で公開され、興行成績初登場第1位を記録する大ヒットとなった。その恐ろしすぎる伝説を日本は今、目撃する!!

(C)AV FILMS PERU

「シークレット・マツシタ 怨霊屋敷」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)