皮膚を売った男 screen ベティ

公式サイト: https://hifu-movie.com

第93回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート!自身がアート作品になった男が辿る「数奇な運命」
【終了日:2022年1/21(金)】

【原題】The Man Who Sold His Skin
【監督】カウテール・ベン・ハニア
【キャスト】モニカ・ベルッチ,ヤヤ・マヘイニ,ディア・リアン,ケーン・デ・ボーウ,ヴィム・デルボア
2020年/チュニジア,フランス,ベルギー/104分/クロックワークス/DCP

オンラインチケット購入はこちら
1月08日(土)〜1月14日(金)
09:00〜10:45
1月15日(土)〜1月21日(金)
17:05〜19:00
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

移民問題の偽善や、現代アートを巡る知的欺瞞を鮮やかに風刺する人間ドラマ。

第93回アカデミー賞®国際長編映画賞ノミネート、第77回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門男優賞受賞ほか世界中で話題を呼んでいる本作は、芸術家ヴィム・デルボア氏が2006年に発表した作品「TIM」に影響を受け、ハニア監督がオリジナル脚本として書き上げた。人間の本質をユーモアも交えて描いた本作は昨年東京国際映画祭でも上映され、「大傑作」「監督は天才か?」「最大級の驚き」「予想もつかない結末」と評判を呼び多くの劇場公開を望む声が挙がった。
キャストには、普段はシリアで弁護士として働いており、ほとんど演技経験がないヤヤ・マヘイニが映画初出演にして主演を務めた。そのほかには、『007 スペクター』(15)、『オン・ザ・ミルキー・ロード』(16)のモニカ・ベルッチ、『Uボート:235 潜水艦強奪作戦』(20)のケーン・デ・ボーウ、更には本作に影響を与えた芸術家ヴィム・デルボアも挑発的な役どころを演じている。監督を務めるのは、『Beauty and the Dogs』(17)でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門に出品され音響賞を受賞し、過去にもアカデミー賞®国際長編映画賞のチュニジア代表に選ばれたことがある実力派、カウテール・ベン・ハニア。

STORY
シリア難民のサムは、偶然出会った芸術家からある提案を受ける。それは、大金と自由を手に入れる代わりに、背中にタトゥーを施し彼自身が“アート作品”になることだった。美術館に展示され世界を自由に行き来できるようになったサムは、国境を越え離れ離れになっていた恋人に会いにいく―しかし、思いもよらない事態が次々と巻き起こり、次第に精神的に追い詰められてゆく。世界中から注目されるアート作品“サム”を待ち受ける運命とは…。

(c)2020 – TANIT FILMS – CINETELEFILMS – TWENTY TWENTY VISION – KWASSA FILMS – LAIKA FILM & TELEVISION – METAFORA PRODUCTIONS - FILM I VAST - ISTIQLAL FILMS - A.R.T - VOO & BE TV

関連映画
「皮膚を売った男」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)