ワン・プラス・ワン screen ジャック

チャーリー・ワッツ追悼 緊急上映決定!!! ジャン=リュック・ゴダール × ザ・ローリング・ストーンズ
【終了日:2022年1/21(金)】

【監督】ジャン=リュック・ゴダール
【キャスト】ザ・ローリング・ストーンズ,ミック・ジャガー,キース・リチャーズ,ブライアン・ジョーンズ,チャーリー・ワッツ,ビル・ワイマン
1968年/イギリス/101分/ロングライド/DCP

オンラインチケット購入はこちら
1月02日(日)〜1月07日(金)
15:10〜16:55
1月08日(土)〜1月14日(金)
19:35〜21:20 [レイト]
1月15日(土)〜1月21日(金)
09:10〜10:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
1/2(日)公開『ワン・プラス・ワン』初日先着ポストカードプレゼント!
※4種よりランダムで1枚お渡し
※枚数限定/無くなり次第終了いたします

1968年、ロンドン。

ロックンロール史上に輝く名曲「悪魔を憐れむ歌」Sympathy For The Devil誕生の瞬間を捉えた音楽ドキュメンタリー。 5月革命のパリを離れ、ロンドンにやってきたヌーヴェルヴァーグを代表する巨匠ジャン=リュック・ゴダールと、世界最強のロックンロール・バンド、ザ・ローリング・ストーンズ。 今もなお最前線で活躍し続けるゴダールとストーンズの、若き日のコラボレーション。カメラが映し出すのは、ストーンズのレコーディング風景、ブラック・パワー、我が闘争、革命のヒロイン アンヌ・ヴィアゼムスキー…。
日本での劇場初公開は1978年。1996年にもリバイバル上映された。今回の日本での上映は、2021年8月24日に逝去したチャーリー・ワッツ追悼上映となる。

「ワン・プラス・ワン」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)