世界で一番美しい少年 screen ジャック

日本の美少年カルチャーの原点『ベニスに死す』の“世界で一番美しい少年”の栄光と破滅
【終了日:2022年2/4(金)】

【原題】Varldens vackraste pojke
【監督】クリスティーナ・リンドストロム,クリスティアン・ペトリ
【キャスト】ビョルン・アンドレセン,池田理代子,酒井政利
2021年/スウェーデン/98分/ギャガ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
1月22日(土)〜1月28日(金)
11:10〜12:50
1月29日(土)〜2月04日(金)
09:10〜10:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

“世界で一番美しい少年”の栄光と破滅を描く衝撃のドキュメンタリー。
傑作『ベニスに死す』、語られることのなかった知られざる裏側

"世界で一番美しい少年"と称賛され、一大センセーションを巻き起こした少年がいた。巨匠ルキノ・ヴィスコンティに見出され、映画『ベニスに死す』(71)に出演したビョルン・アンドレセン。来日時には詰めかけたファン達の熱狂で迎えられた。だが彼の瞳には、憂いと怖れ、生い立ちの秘密が隠されていた...。そして50年後。伝説のアイコンは、『ミッドサマー』(19)の老人ダン役となって私達の前に現れ、その驚愕の変貌ぶりは話題となる。彼の人生に何があったのか。今、ビョルンは、熱狂の"あの頃"に訪れた東京、パリ、ベニスへ向かう。それは、ノスタルジックにして残酷な、自らの栄光と破滅の軌跡をたどる旅――。

"世界で一番美しい少年"という称号は、残酷な運命を引き寄せてもいく。すべての始まりは、完璧な美を持つ少年を探していた巨匠ヴィスコンティとの出会い。そのオーディションや撮影風景、カンヌの華やかな狂騒から来日時の熱狂まで、『ベニスに死す』にまつわる豊富なアーカイブ映像が浮き彫りにする傑作の裏側。"世界で一番美しい少年"ゆえに見た天国と地獄。50年の時を経て今、真実が明かされる――。

「世界で一番美しい少年」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)