ブルー・バイユー screen ベティ

2021年カンヌ国際映画祭出品。8分間におよぶスタンシングオベーションで喝采を浴びた、愛と感動の物語。【終映日:2022年4月15日(金)】

【原題】Blue Bayou
【監督】ジャスティン・チョン
【キャスト】アリシア・ヴィキャンデル,シドニー・コウォルスケ,マーク・オブライエン,リン・ダン・ファム,エモリー・コーエン
2021年/アメリカ/118分/パルコ,ユニバーサル映画/DCP

オンラインチケット購入はこちら
4月02日(土)〜4月08日(金)
11:00〜13:05
4月09日(土)〜4月15日(金)
20:55〜22:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

2021年カンヌ国際映画祭に出品され、8分間に及ぶスタンディングオベーションで喝采を浴びた、愛と感動の物語。

韓国で生まれ、わずか3歳で遠くアメリカに養子に出された青年アントニオ。30年以上前の書類の不備で強制送還される危機に瀕した時、彼はどうするのか―?

監督・脚本・主演を務めるのは、映画『トワイライト』シリーズで俳優と知られ、監督としても数々の賞を受賞している韓国系アメリカ人、ジャスティン・チョン。共演は、2015年『リリーのすべて』でアカデミー賞®助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。韓国で生まれ、わずか3歳で遠くアメリカに養子に出された青年が、自身は知る由もない30年以上前の書類不備で、国外追放命令を受け、二度と戻れない危機に瀕したらどうするか?アメリカの移民政策で生じた法律の”すき間”に落とされてしまった彼は、愛する家族との暮らしを守れるのか。不器用な生き方しかできない男、大きな愛で支えようとする女、養父を失う不安を抱える少女。家族を襲う不幸に揺れ動く3人を美しい映像と共に力強く描いた傑作。

<フィルムでの撮影作品の為、一部箇所で映像に乱れがございます。予めご了承くださいませ。>

「ブルー・バイユー」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)