<特集上映:フランス映画の女性パイオニアたち> screen ベティ

映画の黎明期から現在に至るまでのフランス映画を辿り、将来のフランス映画を担う気鋭の女性映画監督たちを特集します。【終映日:2022年9月9日(金)】

オンラインチケット購入はこちら
8月27日(土)
15:00〜
17:00〜
8月28日(日)
15:00〜
17:00〜
8月29日(月)
17:15〜
19:00〜
8月30日(火)
17:15〜
19:00〜
8月31日(水)
17:15〜
19:30〜
9月01日(木)
17:15〜
19:15〜
9月02日(金)
17:15〜
19:30〜
9月03日(土)
15:00〜
17:00〜
9月04日(日)
15:00〜
17:15〜
9月05日(月)
17:00〜
19:00〜
9月06日(火)
17:00〜
19:00〜
9月07日(水)
17:00〜
18:30〜
9月08日(木)
17:00〜
19:00〜
9月09日(金)
17:00〜
19:00〜
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200
会員 ¥1,000 ¥1,000 ¥1,000
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
サービスデー割引は対象外/アンスティチュ・フランセ会員:1000円(アンスティチュ・フランセ横浜会員は、ポイントカード3ポイントで1回無料)

〈 上映作品〉


映画黎明期からトーキー初期まで
アリス・ギイ作品集13作(1898~)、ミュジドラ、ジャック・ラセーヌ『ドン・カルロスのために』(1921)、ジュルメーヌ・デュラック『微笑むブーデ夫人』(1923)、マリー=ルイズ・イリブ、ジャン・マルゲリット『魔王』(1931)



戦後から90年代まで

ニコール・ヴェドレス『パリ1900年』(1947)、ジャクリーヌ・オードリー『オリヴィア』(1951)、アニエス・ヴァルダ『ドキュモントゥール』(1981)、マリー=クロード・トレユー『シモーヌ・バルベス、あるいは淑徳』(1980)



現在活躍する女性監督たち

クレール・ドゥニ『パリ、18 区、夜』(1994)、『35杯のラムショット』、ミア・ハンセン=ラヴ『グッバイ・ファーストラヴ』(2010)、ジュスティーヌ・トリエ『ヴィクトリア』(2016)、マティ・ディオップ『アトランティック』(2019)、ソフィー・ルトゥルヌール『奥様は妊娠中』(2020

各プログラムの詳細は特集PDFにてご確認ください。

 

関連映画
「<特集上映:フランス映画の女性パイオニアたち>」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)