《Peter Barakan’s Music Film festival 2022》 screen ベティ

公式サイト: https://pbmff.jp/

ピーター・バラカンさん監修・作品選定 バラエティに富んだ音楽映画たちを上映【終映日:2022年11月25日(金)】

DCP

オンラインチケット購入はこちら
11月12日(土)
15:40〜
17:45〜
11月13日(日)
15:40〜
17:45〜
11月14日(月)
15:40〜
17:55〜
11月15日(火)
15:40〜
17:55〜
11月16日(水)
15:40〜
17:20〜
11月17日(木)
15:40〜
17:45〜
11月18日(金)
15:40〜
17:35〜
11月19日(土)〜11月25日(金)
19:25〜 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,200
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200
会員 ¥1,200 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
・11/12(土)
 「ブリング・ミンヨー・バック!」
 17:45回上映後、舞台挨拶あり
 田中克海さん(民謡クルセイダーズ/リーダー)
 森脇由二監督

・11/16(水)
 「ルンバ・キングズ」17:20回上映後、
 ピーター・バラカンさんトーク予定

--------
※本作は、3年に一度の音楽の祭典
【横浜音祭り2022】の一環で、
<音“映画”祭り2022>として上映します。

共催 横浜アーツフェスティバル実行委員会
横浜音祭り2022 公募サポート事業

去年めでたく初の音楽映画祭を開催して、とてもいい感触を得られました。そこで調子に乗って第2回の開催です。今回は日本初公開の作品がいくつかあり、昨年の話題作もライン・アップに加えました。ジャンル的に多岐にわたったライン・アップになっています。ロック、ルーツ・ミュージック、ソウル、ジャズ、レゲェ、アフリカ、インド、日本の民謡、クラシックまで扱った様々な映画を集めました。音楽好きの映画ファン、映画好きの音楽ファン、共に好奇心を刺激する作品が揃っていると思います。

―ピ-ター・バラカン

【上映作品】

アメリカン・エピック American Epic ※日本初公開
エピソード1 ザ・ビッグ・バン 元祖ルーツ・ミュージックの誕生
Episode 1: The Big Bang
エピソード2「血と土」過酷な労働 から生まれたブラック・ミュージック
Episode 2: Blood and Soil
エピソード3 多民族音楽国家アメリカ
Episode 3:Out of the Many, the One
エピソード4 セッションズ
Episode 4:The American Epic Sessions
2017年/エピソード1(57分)エピソード2(60分)エピソード3(88分)、 エピソード4(116分)/カラー・モノクロ/アメリカ/英語 監督:バーナード・マクマホン 出演:タージ・マハール、ジャック・ワイト、ウィリー・ネルスン
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム ©2017 Lo-Max Records Ltd.
日本初公開 電気による録音が可能になった1925年から、アメリカ各地の住民を視野に入れたレコードが作られるようになりました。そのプロセスを描いた3部作のドキュメンタリーではフォーク、カントリー、ブルーズ、ジャグ・バンド、ゴスペル、ケイジャン、ネイティヴ・アメリカン、ハワイアン、ラテンの世界を掘り下げ、最後の長編で は甦らせた20年代の機材で現役世代のミュージシャンたちが当時の曲を再現する姿が記録されています。2017年にイギリスとアメリカのテレビで放映されたシリーズの日本初上映です。

ディーバ デジタルリマスター版 Diva
1981年/117分/カラー/フランス/フランス語 監督:ジャン=ジャック・ベネックス 出演:フレデリック・アンドレイ、ロラン・ベルタン、 リシャール・ボーランジュ、ジェラール・ダルモン、 シャンタル・ドアーズ 他 音楽:ウラディーミル・コスマ
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム ©1981 STUDIOCANAL
アフリカン・アメリカンの女性オペラ歌手を主人公に、公演のためにパリを訪れている彼女の歌を無断で録音したテープを巡るとてもシャレたミステリーです。 ジャン・ジャック・ベネックスの記念すべき1981年の監督デビュー作、日本では久しぶりの上映です。

バビロン Babylon ※日本初公開
1980年/95分/カラー/イギリス・イタリア/英語 監督:フランコ・ロッソ 出演:デイヴィッド・N・ヘインズ、 トレヴァー・レアード、ヴィクター・ロメロ・エヴァンズ 他
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム © 1980 National Film Trustee Company Ltd
ロンドンのレゲェ・シーンを舞台に、作り物とは思えないリアリズムでアスワドのブリンズリー・フォードが演じるサウンド・システムのDJの活動を追うストーリーで す。1980年に公開された頃には全く知らなかった作品ですが、今見てもその時代のロンドンで人種差別がいかに横行していたか、ありありと伝わります。

ブリング・ミンヨー・バック! Bring Minyo Back! ※日本初公開
2022年/85分/日本/日本語・英語 監督:森脇由二 出演:民謡クルセイダーズ、フレンテ・クンビエーロ、 ピーター・バラカン、久保田真琴、 岸野雄一、大石始 他
©Yuji Moriwaki All rights reserved
ここ数年の日本から出たバンドで最も国際的な可能性を秘めているのが民謡クルセイダーズだと思います。福生を拠点に活動するこのユニークな発想の大所帯バンドが少しずつ認められて、海外でもライヴを行うようになる姿を撮った楽しいドキュメンタリーのプレミア上映です。

ルンバ・キングズ The Rumba Kings ※日本初公開
2021年/94分/アメリカ・ペルー/フランス語・リンガラ語 監督:アラン・ブレイン 出演:ブラゾス、グヴァノ、クカ・マチュー、マヌ・ディバンゴ、パパ・ウェンバ
© 2021 - Shift Visual Lab LLC
アフリカのコンゴで1950年代にキューバのラテン音楽に独自の解釈を加えた ミュージシャンたちは祖国に新たなアイデンティティをもたらし、国民的英雄と祭られました。コンゴの独立にもつながるこの音楽はアフリカ全土で一生を風靡しました。そのプロセスを描いたこの優れたドキュメンタリーは日本初上映です。

ブリティッシュ・ロック誕生の地下室 British Rock Born in A Basement ※日本初公開
2021年/88分/イギリス/英語 監督:ジョルジオ・グルニエ 出演:ジンジャー・ベイカー、ジャック・ブルース、 エリック・バードン、ジョン・メイオール、ピート・タウンゼンド 他 配給:コピアポア・フィルム ©SIXTY TWO Films Ltd.
イギリスのロックが誕生した地下室。嘘のような本当の話です。結成前のローリング・ストーンズのメンバーが1960年代初頭に集まっていた西ロンドンのイーリングのブルーズ・クラブは今や伝説となっています。当時のことを振り返る様々な関係者のインタヴューはファンにとって興味の尽きない内容です。日本初上映です。

バラカンスケ"

 

関連映画
「《Peter Barakan’s Music Film festival 2022》」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)