さすらいのボンボンキャンディ screen ジャック

本作品の公開予定: 2/25(土)~3/3(金)※1週間限定上映

公式サイト: https://sasurainobonboncandy.com/

わたしは正直者。嘘はつかない。

【監督】サトウトシキ
【原作】延江浩
【キャスト】影山祐子,原田喧太,雅マサキ,足立智充,嶺豪一,飯島大介,辻しのぶ,伊藤洋三郎
2022年/日本/114分/インターフィルム/DCP

オンラインチケット購入はこちら

どうやらアタシは
ふわふわ漂うほうがあってるみたい

延江 浩の短編小説を鬼才サトウトシキが映画化
注目の新鋭・影山祐子とギタリストの原田喧太が織りなす、新たな愛の世界

『タンデム』『迷い猫』『今宵かぎりは…』ほか脚本家小林政広と組んだ秀作を経て、『短篇集さりゆくもの もっとも小さい光』のサトウトシキが企画と監督を務めた最新作。延江浩の短篇小説集「7カラーズ」(水曜社刊)の一編を映画化。言語化できない感情が映像の奥から浮かび上がる演出はサトウトシキの独壇場。他者との距離感が希薄になった未曽有の時代に贈る、愛を探す人びとの愚かで滑稽でちいさな物語。原作者と監督のタッグは『アタシはジュース』(1996)以来となる。

主演は『花束みたいな恋をした』『はい、泳げません』『激怒』など、注目作への出演が続く影山祐子。生きる実感を持てないままに、性にのめり込んでゆくでもなく、声高に叫ぶでもなく、それでも人間らしいつながりと愛を求めてさすらうヒロイン・仁絵を演じて、唯一無二の存在感と大胆な演技で初主演を鮮やかに飾る。

相手役の原田喧太は本業がギタリストながら、父・原田芳雄を彷彿とさせる好演を披露。
本作は偶然にも父親の遺作となった『大鹿村騒動記』と同じ延江浩の小説にもとづいている。ヒロインの叔父役に『流浪の月』(2022)の伊藤洋三郎が扮し、飄々とした演技をみせる。

原作は延江浩。作家・村上春樹がホストを務める『村上RADIO』(TOKYO FM)などの番組を手がけるラジオ・プロデューサーとして活躍するかたわら作家としての顔を持つ彼の短篇小説集『7カラーズ』(延江ローレン名義、水曜社刊)から2002年度リトルモアストリートノベル大賞佳作の「さすらいのボンボンキャンディ」を映画化。脚本はサトウの助監督でもある十城義弘と『イチヂクコバチ』(2011年)『青二才』(2013年)『もっとも小さい光』などでサトウとコンビを組む竹浪春花。


【STORY】

中にだしてもいいんだよ、と囁けば、
マサルは大抵子供のようにウキウキし、
彼のその笑顔をみたいがためにアタシはセックスを続けていた

仁絵34歳。夫が海外に長期出張中の彼女は日々あてどなく街をさまよい、無為な時間を酒とともに流し込んでいる。
マサル48歳。電鉄会社の車掌。運転士になりたかった夢は国家試験に三度落ちてあきらめた。

偶然に知り合ったふたりは意気投合して、ごく自然に接近する。
互いに家族のある身ながら逢瀬を重ねる男と女。
ある日マサルが仁絵の前から姿を消してしまい、彼女はほかの男たちと寝てみるが、心の空洞が埋まることはない。

ウルサクて、退屈な人間のつくった街で仁絵はマサルの影を求めてさすらう。
ひとりの女性の性の迷宮と罪の物語の行方は――。


(C) 映画「さすらいのボンボンキャンディ」製作委員会/延江浩

「さすらいのボンボンキャンディ」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)