素晴らしき日々も狼狽える screen ジャック

公式サイト: https://www.walkinntv.com/

僕らの街は、僕らで創る。「音楽から生まれた街」鹿児島ウォークインフェス。3・11からコロナ禍まで、鳴らし続けた10年の記録と記憶。
【終映日:2022年12月30日(金)】

【監督】安田潤司
【キャスト】塩屋楓優,野間太一,Ken Yokoyama,BRAHMAN,フラワーカンパニーズ,the band apart,HAWAIIAN6,G FREAK FACTORY,MOROHA,locofrank,怒髪天,OAU,bacho,タテタカコ,突然少年,ぢゃんシーラカンス,BACKSKiD,人性補欠,その日暮らし,Tonto
2022年/日本/111分/安田映像研究所/DCP

12月24日(土)〜12月30日(金)
17:40〜19:40
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,200
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
<イベント割 ムビチケ作品共通券>対象作品
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。
前売り券特典:ステッカー
オンラインチケット購入はこちら

「僕らの街は、僕らで創る。」
2014年、ルールや規則のないとても小さな「街」が鹿児島で生まれた。
鹿児島で生まれた音楽フェス「WALK INN FES!」の10年の軌跡が映画化!

2014年に桜島のふもとで産声を上げた野外音楽フェス「WALK INN FES!」は、「僕らの街は、僕らで創る。」をテーマに掲げ、当初は協賛も募らず、プロのイベンターを使わず、出演するバンドマンたちがステージを設営し出番以外の時間は運営を手伝うDIYなフェスだ。ライブだけでなく音楽、ダンス、食、アート、アパレルから子供たちの経営するお店まで、様々なジャンルが一堂に会しながらも規則や禁止行為を極力設定せず、参加者が自ら考え場を創り出す。そして「WALK INN FES!」のもう一つの特徴は地元のミュージシャンが数多く出演し、名だたるバンドやアーティストと肩を並べてパフォーマンスを披露すること。日本でも数少ない「自立するローカルカルチャー」の雛形でもあり、それはまさに小さな「街」のようだった。年々参加者の増加と共に「街」は徐々に広がり続けた。しかし、2020年、コロナウイルスの猛威が世界を襲った。音楽フェスが続々中止になり、ライブハウスからも音が消えた。
僕らの「街」はこのまま終わってしまうのか?
フェスの発起人である音響エンジニアの野間太一は鹿児島の仲間達と何を考え、この「街」を創ったのか?
自主制作映画としては異例の総出演アーティスト数130を超えるライブシーンやインタビューなど、10年にも及ぶアーカイブから紡がれる、音楽から生まれた街「WALK INN FES!」と「鳴らし続けている者たち」による映像詩が完成した。

2014年に誕生してから来年で10年。Ken Yokoyama、BRAHMAN、the band apartなどの名だたるバンドの他、鹿児島バンドを含む総勢200組にも及ぶミュージシャンが出演した新しい「街」の成長を記録し映画化したのは、80年代の日本のハードコア・パンクシーンの黎明期を記録したパンクドキュメント映画「ちょっとの雨ならがまん」(1983)の安田潤司監督。安田監督は2012年に鹿児島に移住。「フェスという名の街創り」に感銘を受け、2018年より「WALK INN FES!」に参加。街の住人の1人として、地元の若者たちとカメラを廻し、コロナ禍の真っ只中に本作を完成させた。
フェスのテーマと同じく制作、配給、宣伝も自分達で行うこの映画そのものが「WALK INN FES!」の一部だ。



(C)WALK INN FES MOVIE製作実行委員会

関連映画
「素晴らしき日々も狼狽える」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)