Notice (8): Undefined offset: 1 [APP/View/Detail/index.ctp, line 84]
Notice (8): Undefined offset: 1 [APP/View/Detail/index.ctp, line 96]

小さき麦の花 screen ジャック

互いに家族から厄介払いされたふたりの永遠の愛の物語。
世界の批評家が賞賛、中国で〈奇跡〉とまで呼ばれた大ヒット作。
【終映日:2023年3月17日(金)】

【原題】隠入塵煙 Return to Dust
【監督】リー・ルイジュン
【キャスト】ウー・レンリン,ハイ・チン,ヤン・クアンルイ,チャオ・トンピン,ワン・ツァイラン,ワン・ツイラン,シュー・ツァイシャ,リウ・イーフー,チャン・チンハイ,リー・ツォンクオ,ワン・チールー
2022年/ 中国/133分/ マジックアワー=ムヴィオラ/DCP

サービスデーなど、上映回によっては多少混み合います。
満席にはなりません。
2月25日(土)〜3月03日(金)
10:55〜13:10
19:30〜21:45 [レイト]
3月04日(土)〜3月10日(金)
13:50〜16:10
3月11日(土)〜3月17日(金)
09:05〜11:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,200
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200
会員 ¥1,200 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。
前売り券特典:ポストカード
オンラインチケット購入はこちら

互いに寄り添い、土に寄り添い、生きる。
愛という言葉は出てこないけれど、これは〈永遠の愛〉の物語。

ベルリン国際映画祭での絶賛。
中国公開では若い世代を中心に社会現象となる大ヒット。

2011年、中国西北地方の農村。貧しい農民ヨウティエ(ウー・レンリン)と障がいのある内気なクイイン(ハイ・チン)。互いに家族の厄介者だったふたりは、見合い結婚。やがて、互いを慈しみ、力を合わせ、作物を育て、質素な家を作り、慎ましくも日々を生きるのだが、自然の猛威や変わりゆく時代の波にさらされる……。ベルリン国際映画祭の星取りでは驚異の4.7点(5点が満点)をマークし、金熊賞最有力と絶賛されるも無冠。しかし、中国で公開されると、レビューサイトでも本年度中国映画ベスト1の評価を得てじわじわ広がり、公開後2ヶ月経ってからTikTokが火付け役となり、若い世代を中心に興行収入トップに躍り出る大ヒットを記録。<奇跡の映画>とまで呼ばれたのが、本作『小さき麦の花』である。

チャン・イーモウらの第五世代や、ジャ・ジャンク―の
名作に連なる期待の監督リー・ルイジュンが到達した〈新たな名作〉。

監督は、長編4作目の『僕たちの家に帰ろう』(2014)が日本公開されているリー・ルイジュン。『白鶴に乗って』(2012)がベネチア映画祭オリゾンティ部門、『路過未来』(2017)がカンヌ映画祭ある視点部門、そして本作がベルリン映画祭コンペ部門に選ばれ、世界3大映画祭でキャリアを重ねてきた期待の監督だ。近年、ビー・ガン(『ロング・デイズ・ジャーニー この世の涯てへ』)やグー・シャオガン(『春江水暖〜しゅんこうすいだん』)など中国新世代監督が世界から注目されてきたが、「(本作には)第5世代の名作の痕跡を見ることができる。あるいは、ジャ・ジャンクーの記憶に残る映画と関連付けることもできる。『小さき麦の花』は、これら著名な現代中国の名作との比較に値する」(International Cinephile Society)と評され、新たな名作とも称賛されている。

国民的女優ハイ・チンと実際の農民であるウー・レンリン演じる
互いに寄り添い、大地に寄り添い、生きるふたりの美しさ。

妻のクイインを演じるのは、大ヒットしたドラマ『彼と私と両家の事情』で「国民の嫁」と呼ばれ、以来数々のテレビドラマや2018年中国No.1ヒット『オペレーション:レッド・シー』などで知られる国民的女優ハイ・チン。ノーメイクで農村の女性になりきった名演は必見だ。夫のヨウティエを演じるのは、監督の叔父で実際に農民でもあるウー・レンリン。彼らふたりが互いに寄り添いながら、麦の種を植え、自分たちの手で質素な家を作り、大地とともに慎ましく美しく生きる姿が、人間のいちばん大切な価値観は何なのかと探している現代の観客の心を揺り動かし、<奇跡>の大ヒットを呼び起こしたと言えるだろう。

リー・ルイジュン監督ならではのリアリズムとファンタジー。
ロバやひよこ、麦の種でつくる花…農村の四季の喜びと美しさ。

ストーリーには貧しい農民として生きることの辛さが描かれている。にも関わらず、観客の胸に残るのは彼らの幸福、彼らの愛の美しさだ。そこにはリー・ルイジュン監督の過去作にもあった、リアリズムの中にふと現れるファンタジックな表現が大きく貢献している。本作でも、3人目の家族ともいうべきロバの仕草、ひよこを孵化させる段ボールの光、そして麦の種で互いの手の甲につくる花のしるしなど、ルイジュン監督らしい描写が素晴らしい。さらには『神水の中のナイフ』、『巡礼の約束』で知られる気鋭のカメラマンのワン・ウェイホアや中国金鶏奨にノミネートされた経験を持つ音響のワン・チャンルイ、イラン出身の作曲家・ピアニストで『風が吹くまま』や『スプリング・フィーバー』なども手掛けるペイマン・ヤズダニアンの音楽も農村の四季の喜びと美しさを伝えている。


(C)2022 Qizi Films Limited, Beijing J.Q. Spring Pictures Company Limited. All Rights Reserved.

関連映画
「小さき麦の花」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)