Notice (8): Undefined offset: 1 [APP/View/Detail/index.ctp, line 84]
Notice (8): Undefined offset: 1 [APP/View/Detail/index.ctp, line 96]

花腐し screen ジャック

公式サイト: https://hanakutashi.com

朽ちてなお、生きていく。芥川賞受賞作「花腐し」を荒井晴彦が大胆に脚色。ふたりの男とひとりの女が織りなす、切なくも純粋な愛の物語
【終了日:2024年2/23(金)】

【監督】荒井晴彦
【原作】松浦寿輝
【キャスト】綾野剛,柄本佑,さとうほなみ,吉岡睦雄,川瀬陽太,MINAMO,Nia,マキタスポーツ,山崎ハコ,赤座美代子,奥田瑛二
2023年/日本/137分/東映ビデオ/DCP

2月10日(土)〜2月16日(金)
14:40〜17:05
2月17日(土)〜2月23日(金)
14:15〜16:35
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,200
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,200
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
【R18+】指定作品
★2/10(土)14:40の回上映後、初日舞台挨拶開催
登壇予定:荒井晴彦監督
料金:通常料金
※舞台挨拶後、荒井監督によるサイン会を実施予定
オンラインチケット購入はこちら

ピンク映画の監督と脚本家志望だった男。
ふたりが愛した女は、同じ女だった――

斜陽の一途にあるピンク映画業界。栩谷は監督だが、もう5年も映画を撮れていない。
梅雨のある日、栩谷は大家から、とあるアパートの住人への立ち退き交渉を頼まれる。その男・伊関は、かつてシナリオを書いていた。映画を夢見たふたりの男の人生は、ある女優との奇縁によって交錯していく。

原作は、第123回芥川賞に輝いた松浦寿輝による同名小説。『Wの悲劇』(84)や『ヴァイブレータ』(03)などを手がけ、日本を代表する脚本家のひとりである荒井晴彦が、数多くの賞を受賞した『火口のふたり』(19)に続く自身4作目の監督作品として選んだ本作で、“ピンク映画界の斜陽”という原作にはないモチーフを脚本に取り入れ、映画作家としての“超訳”に挑んだ。
主人公・栩谷に綾野剛、相対する伊関に柄本佑、そして、ふたりとの奇縁を結ぶ女優・祥子にさとうほなみがそれぞれ扮し、ふたりの男とひとりの女が織りなす、切なくも純粋な愛の物語が誕生した。

(C)2023「花腐し」製作委員会

関連映画
「花腐し」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)