スパイの妻 screen ベティ

公式サイト: https://wos.bitters.co.jp

第77回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞。黒沢清が、初めて描き出す歴史の闇
【終了日:2021年1/22(金)※元旦1/1(金)休映】

【監督】黒沢清
【キャスト】蒼井優,高橋一生,坂東龍汰,恒松祐里
2020年/日本/115分/ビターズ・エンド/DCP

オンラインチケット購入はこちら
12月26日(土)〜12月31日(木)
15:40〜17:40
1月02日(土)〜1月08日(金)
19:35〜21:35 [レイト]
1月09日(土)〜1月15日(金)
10:50〜12:45
1月16日(土)〜1月22日(金)
09:00〜10:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
☆バリアフリー音声ガイド付き上映あり
1月10日(日曜日)10時50分回
※貸出ラジオ、駅からの誘導(申込制)などあり
詳細はこちら
協力:ヨコハマらいぶシネマ

世界が認めた超一級のミステリーエンタテインメント!

【時代の嵐が、夫婦の運命を変えていく……。】

1940年、神戸で貿易会社を営む優作は、赴いた満州で、恐ろしい国家機密を偶然知り、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。満州から連れ帰った謎の女、油紙に包まれたノート、金庫に隠されたフィルム……聡子の知らぬところで、別の顔を持ち始めた夫、優作。それでも、優作への愛が、聡子を突き動かしていく──。
太平洋戦争間近の日本。正義を貫くためには、誰かを陥れ、愛を貫くためには、誰かを裏切らなければならない。相反するものに揺られながら、抗えない時勢に夫婦の運命は飲まれていく。昭和初期の日本を舞台に、超一級のミステリーエンタテインメントが誕生した。

【主演、蒼井優が放つ圧倒的な存在感!静かな炎を燃やす高橋一生にしびれる!】

主演は数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じている。蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。スリーピースに身を包み、聡明で魅力あふれる優作を体現した。また、黒沢組常連である東出昌大、注目俳優・坂東龍汰のほか、恒松祐理、みのすけ、玄理、そして笹野高史が激動の時代を個性豊かに彩っている。

【名匠、黒沢清監督が初めて挑んだ歴史の闇。濱口竜介、野原位、長岡亮介ら日本を代表する才能が終結!】

世界中に熱狂的なファンを持つ映画監督、黒沢清が歴史の闇に初めて挑んだ。ロケ地、衣装、美術、台詞回し、すべてにこだわり、描き出した疑心暗鬼渦巻く狂乱の時代。脚本を手掛けたのは黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』脚本)。3人の化学反応に目を見張る。音楽を担当したのは、「ペトロールズ」を率い、浮雲名義でロックバンド「東京事変」でも活動する長岡亮介。本作で映画音楽を初めて手掛け、映画世界の奥行きを広げている。日本を代表する才能が終結した本作は第77回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞した。

関連映画
「スパイの妻」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)