レンブラントは誰の手に screen ジャック

公式サイト: http://rembrandt-movie.com

『みんなのアムステルダム国立美術館へ』監督最新作!驚きの展開が待ち受けるドラマティック・ドキュメンタリー
【終了日:2021年4/2(金)】

【原題】My Rembrandt
【監督】ウケ・ホーヘンダイク
【キャスト】ヤン・シックス,エリック・ド・ロスチャイルド,ターコ・ディビッツ,エルンスト・ファン・デ・ウェテリンク
2019年/オランダ/101分/アンプラグド/DCP

オンラインチケット購入はこちら
3月13日(土)〜3月19日(金)
14:15〜16:00
3月20日(土)〜3月26日(金)
09:00〜10:45
3月27日(土)〜4月02日(金)
15:25〜17:10
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。
前売り券特典:クリアファイル


レンブラントの新たな作品発見!?

【知られざるレンブラント作品を発見!?真相をめぐる美術ミステリーの幕開け】

2018年、オランダから伝えられたあるニュースが、世界に衝撃を与えた。レンブラントが描いた肖像画が44年ぶりに発見されたのだ。競売で落札した絵が実はレンブラントの作品だったと発表したのは、野心に燃える若き画商ヤン・シックス(11世)。それは果たして本物なのか、または贋作か…?一枚の肖像画をめぐる議論は、やがて真犯人を探すミステリーのような展開に。『みんなのアムステルダム国立美術館へ』(14)で美術館の舞台裏に深く切り込んだウケ・ホーヘンダイク監督の最新ドキュメンタリーは、美術界を大きな混乱と興奮に陥れた大騒動を、スリリングかつユーモアたっぷりに映し出す。

【絵画は誰のものか。人は美を所有することはできるのか?】

論争や争奪戦とは別に、カメラはレンブラントの素晴らしき作品に驚くほど接近し、光と影に彩られた作品の美と魅力を丹念に捉えていく。そしてここには、レンブラントをめぐる様々な人間模様がある。年に何百という美術品を個人所有者から購入し美術館で共有するコレクターもいれば、代々引き継がれた肖像画を家族の一員のように愛し、ただ自分のためだけに飾り鑑賞する貴族の姿もある。なぜレンブラントはこれほど人々を惹きつけ、特にその心を狂わせるのか?絵画はいったい誰のものなのか?
これは、レンブラントをめぐる人間喜劇であり、芸術についての根源的な問いを私たちに投げかける。

関連映画
「レンブラントは誰の手に」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)