フィールズ・グッド・マン screen ジャック

公式サイト: https://feelsgoodmanfilm.jp

こんなカエルに誰がした!?ロッテントマトフレッシュ96%&サンダンス映画祭特別新人賞受賞作!
【終了日:2021年5/14(金)】

【原題】Feels Good Man
【監督】アーサー・ジョーンズ
【キャスト】マット・フューリー,ジョン・マイケル・グリア,リサ・ハナウォルト,スーザン・ブラック
2020年/アメリカ/94分/東風,gnome/DCP

オンラインチケット購入はこちら
5月01日(土)〜5月07日(金)
18:45〜20:25
5月08日(土)〜5月14日(金)
13:15〜14:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
前売り券を1,500円にて販売中
販売場所:劇場窓口(公開前日まで)
※前売券は日時・座席指定券とは異なります。前売券は別途、窓口にて日時・座席指定券へのお引き換えが必要です。
前売り券特典:付箋
5/1(土)、2(日)、7(金)18:45回、
5/8(土)、9(日)、14(金)13:15回の上映後、
【日本公開記念スペシャルムービー】6分を特別上映。

【日本公開記念スペシャルムービー】は、マット・フューリーさんから日本の好きな作品やメッセージ。そして映画を観たら、みんなが夢中になるカワイイ特別ゲストも登場!
「日本の音楽やアートにも多大なる影響を受けてきたから日本に行けなくて残念」とアーサー・ジョーンズ監督は、制作の経緯や、アニメーションと社会批判のバランスのとり方、登場人物たちの映画への反応など…たくさんの質問に答えてくれています。貴重なアニメーションの制作過程の映像も見られます。
この機会にぜひあわせてご堪能ください!

SNS、ヘイト、デモ、仮想通貨、大統領選、陰謀論・・・時代に翻弄され続けるぺぺの“蛙生”から観た世界の今とは──。

監督のアーサー・ジョーンズは、友人のマットを助けるため本ドキュメンタリーを制作。アニメーションを駆使しながら、今最もホットでダークな問題を浮き彫りにした。さらにNetflix「ボージャック・ホースマン」のリサ・ハナウォルトや漫画家のジョニー・ライアンなど、気鋭クリエイターたちも登場。フィクション=ミームが現実世界に影響を与える時代におけるクリエイターの苦しみと喜びも描かれる。

サンダンス映画祭新人賞を受賞、アメリカNo1映画批評サイト「ロッテントマト」で96%Freshを獲得し、「いますぐ必見の痛烈なポリティカル・ドキュメンタリー」(Polygon)など、海外メディアからも絶賛される本作が遂に日本上陸!

【story】

マット・フューリーの漫画「ボーイズ・クラブ」は、チルでハッピーなキャラクターたちが繰り広げる若者のリアルな日常を描き、カルト的な人気を博した。しかしその主人公ぺぺが放ったセリフ「feels good man(気持ちいいぜ)」が全ての始まりとなる。いつからか掲示板やSNSには、このセリフと共に“ネットミーム”として改変されたぺぺが溢れだした。そして2016年アメリカ大統領選時には、匿名掲示板「4chan」でオルタナ右翼たちが人種差別的なイメージとともにぺぺを大拡散。挙げ句にADL(名誉毀損防止同盟)からヘイトシンボルとして正式認定される始末…。マットの思いとは裏腹にぺぺの乱用は加速し続け、なんとトランプ大統領の誕生に一役買うまでになり…!

関連映画
「フィールズ・グッド・マン」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)