Malu 夢路 screen ベティ

公式サイト: https://malu-movie.com

マレーシアの新鋭監督の新境地。謎めいた詩情とともにマレーシアと日本を往還する、美人姉妹の永年の確執の物語。
【終了日:2021年5/21(金)※1週限定上映】

【監督】エドモンド・ヨウ
【キャスト】セオリン・セオ,メイジュン・タン,永瀬正敏,水原希子
2019年/マレーシア,日本/112分/エレファントハウス/DCP

オンラインチケット購入はこちら
5月15日(土)〜5月21日(金)
11:00〜12:55
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

ふたたび、あなたに寄り添うための、迷路

【東京国際映画祭で発見された、マレーシアの新鋭監督の新境地】

謎めいた詩情とともにマレーシアと日本を往還する、美人姉妹の永年の確執の物語。
日・マ合作である本作の監督を務めたのは、『アケラット ─ロヒンギャの祈り』でTIFF2017コンペ監督賞に輝き、誌的な世界観を描き出すことに定評のあるエドモンド・ヨウ(楊毅恆)。マレーシアのセリオン・セオ、メイジュン・タンが姉妹を演じ、日本からは永瀬正敏・水原希子が出演。音楽は細野晴臣が担当した。

【story】

心を病んだ母のもとに育ち、幼い頃に引き裂かれた姉妹ホンとラン。姉のホンは祖母に引き取られ、妹のランは母と共に生活することになるが、母の死を機に20年ぶりに再会。互いに、幼き頃の出来事や、離れ離れになった成長過程で傷を負い、亡き母や家族へのわだかまりを持ったまま、奇妙な同居生活が始まる。しかし、血の繋がりはあれど他人も同然になった姉妹が一緒に過ごす時間は、どこかしら歪なものだった。ある朝、ホンが目を覚ますとそこにランの姿はなく、その失踪から数年後、ランの遺体が日本で発見されたという知らせが届く。
居てもたっても居られず、仕事も家庭も放り出して日本へ旅立ったホンは、初めて訪れる街を彷徨いながら、亡き妹が生きた証を辿る。妹のルームメイトに案内された生前の二人が住んでいた部屋、そこに残された日記、見覚えのある懐かしい白のサマードレス……そして日記に綴られていた内容からあぶり出された男。異国の地で妹の幻影を追い続ける中、まるで残像のように浮かび上がるランの謎めいた微笑みと眼差しの先に、姉は何を思い、なにを知ることになるのか──。

関連映画
「Malu 夢路」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)