ペトルーニャに祝福を screen ジャック

公式サイト: https://petrunya-movie.com

幸せを求めるペトルーニャの闘いを、マケドニアの女性監督がアイロニーとユーモアで鋭く描き切った傑作!
【終了日:2021年8/13(金)】

【原題】Gospod postoi, imeto i’ e Petrunija
【監督】テオナ・ストゥルガル・ミテフスカ
【キャスト】ゾリツァ・ヌシェヴァ,ラビナ・ミテフスカ
2019年/北マケドニア,ベルギー,スロベニア,クロアチア,フランス/100分/アルバトロス・フィルム/DCP

オンラインチケット購入はこちら
7月31日(土)〜8月06日(金)
11:10〜13:00
8月07日(土)〜8月13日(金)
08:45〜10:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

ベルリン国際映画祭エキュメニカル審査員賞&ギルド映画賞W受賞!北マケドニアの小さな街。
ペトルーニャは女性に禁じられた“幸せの十字架”を偶然手にするが――。

32歳のペトルーニャは、美人でもなく、体型は太目、恋人もいない。大学で学んだのに仕事はウェイトレスのバイトだけ。主義を曲げて臨んだ面接でもセクハラに遭った上に不採用となった帰り道に、地元の伝統儀式“十字架投げ”に出くわす。それは、司祭が川に投げ入れた十字架を男たちが追いかけ、手に入れた者には幸せが訪れると伝えられる祭りだ。ペトルーニャは思わず川に飛び込むと、その“幸せの十字架”を手にするが「女が取るのは禁止だ!」と男たちから猛反発を受け、さらには教会や警察を巻き込んでの大騒動に発展していく・・・。


【ベルリン国際映画祭エキュメニカル審査員賞&ギルド映画賞W受賞!】
監督は首都スコピエ生まれのテオナ・ストゥルガー・ミテフスカ。ニューヨーク大学で映画を学び、新作を発表するたびに数々の国際映画祭で注目を集める才媛だ。「今日でさえ、強い女性として活躍するのが難しい」と語る保守的なバルカン地域を舞台に、ペトルーニャの闘いをアイロニーとユーモアで鋭く描き出す。
「幸せになる権利は私にもあるはず。なのに、なぜ?」――映画が描くペトル―ニャの思いは性別だけでなく国籍、出自、セクシャリティ……など、多様な社会に生きるあらゆる人々に普遍的なもの。それがままならない世の中と戦い始めた彼女が、周囲に投げかける「なぜ?」は、つまり現代社会にすべての人の「なぜ?」でもあるのだ。

関連映画
「ペトルーニャに祝福を」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)