ソウルメイト 七月(チーユエ)と安生(アンシェン) screen ジャック

『少年の君』のスタッフ&キャストが贈る、切なくも優しい友情の物語
【終了日:2021年10/8(金)】

【原題】七月與安生 Soulmate
【監督】デレク・ツァン
【キャスト】チョウ・ドンユィ,マー・スーチュン
2016年/中国,香港/110分/クロックワークス/DCP

オンラインチケット購入はこちら
9月25日(土)〜10月01日(金)
12:40〜14:35
10月02日(土)〜10月08日(金)
19:10〜21:05 [レイト]
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
★[レイト]回はレイトショー割引
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
会員 ¥1,200 ¥1,100 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

大好きで、大嫌いで、私の全てだったあなたに。

この度、第93回アカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされ、ヒットメーカーのエドガー・ライト監督をして「本作のノミネートが心から嬉しい」と言わしめた傑作『少年の君』。その監督として世界から注目を浴びるデレク・ツァンの単独監督デビュー作にして、同じくチョウ・ドンユイを主演に迎え圧倒的評価を獲得したのが本作『ソウルメイト/七月と安生』だ。プロデューサーを務めた名匠ピーター・チャン監督の下、既に監督の繊細な演出手腕は遺憾なく発揮されており、香港のアカデミー賞にあたる香港電影金像奨で12部門ノミネート(作曲賞受賞)、同じく中華圏を代表する映画賞・金馬奨ではアンシェンを演じたチョウ・ドンユイ、チーユエを演じたマー・スーチュンの二人に主演女優賞W受賞という快挙をもたらすなど、その年の映画賞を席巻した。同名のネット小説を大胆に脚色して描かれた2人の女性の物語は、彼女たちの半生を丁寧かつドラマティックに綴りながらも、予想だにしなかった結末へと加速してゆく。それは、観る者を震えるほどの切なさとこの上ない優しさで包み込み、自分にとっての大切な人、大事な何かを、きっと思い出させてくれるだろう。
【STORY】
ある日、安生(アンシェン)の元に映画会社から連絡が届く。彼らは、人気ネット小説『七月(チーユエ)と安生(アンシェン)』を映像化したいのだという。作者は七月(チーユエ)という名の女性だが、所在は不明。物語は幼馴染の女性2人の友情を描いたもので、作者の自伝的な要素が強いという話だった。そこで彼らは、もう一人の主人公のモデルを探し、アンシェンに連絡をしてきたというわけだ。だがアンシェンは「チーユエなんて人は知らない」と彼らに嘘をつく。チーユエ・・・彼女はアンシェンにとって特別な存在だった。何よりも大切な親友、そして誰よりも激しくぶつかりあった戦友、互いに魂の奥深いところでつながっていたはずの2人。それなのに、彼女たちの間に一体何があったのか?恋を知り世界を知り、移ろいゆく時代の中で、彼女たちは何を選び取り、何を捨てたのか?小説に描かれた2人の物語に秘められた驚きの真実が、今明かされようとしていた。

関連映画
「ソウルメイト 七月(チーユエ)と安生(アンシェン)」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
横濱インディペンデント映画祭
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)