スウィート・シング screen ジャック

公式サイト: http://moviola.jp/sweetthing/

逃走しよう、自由になれる場所へ。『イン・ザ・スープ』のアレクサンダー・ロックウェル監督、25年ぶりの日本公開!
【終了日:2022年1/7(金)※元旦1/1(土)休館】

【原題】Sweet Thing
【監督】アレクサンダー・ロックウェル
【キャスト】ラナ・ロックウェル,ニコ・ロックウェル
2020年/アメリカ/91分/ムヴィオラ/DCP

オンラインチケット購入はこちら
12月25日(土)〜12月31日(金)
16:10〜17:45
1月02日(日)〜1月07日(金)
18:45〜20:20
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000

世界は悲しいけれど、幸福な1日はある。
15歳のビリーと11歳のニコ、その家族の物語。

米インディーズのカリスマ、
アレクサンダー・ロックウェル監督
25年ぶりの日本公開作品
『イン・ザ・スープ』で、ジム・ジャームッシュらとともに米インディーズの雄として一世を風靡したアレクサンダー・ロックウェル監督。25年ぶりの日本公開となる新作は、15歳の姉ビリーと11歳の弟ニコ、その家族の物語。スーパー16ミリフィルム撮影の美しいモノクロとパートカラー、ヴァン・モリソンやビリー・ホリデイなどの音楽、『地獄の逃避行』や『スタンド・バイ・ミー』へのオマージュなど、一貫してインディーズにこだわり続けてきたロックウェルらしい映画愛に溢れた一編だ。
監督の実の娘&息子が共演、
『ウェンディ&ルーシー』のウィル・パットンが
父親役で出演
主人公の姉弟にはロックウェル監督の実の娘ラナと息子のニコ。母親イヴを実際のパートナーであるカリン・パーソンズ、父親アダムをケリー・ライカート監督『ウェンディ&ルーシー』やアカデミー助演女優賞受賞作『ミナリ』の名脇役ウィル・パットンが演じている。
世界は悲しいけれど、幸福な1日はある。
15歳のビリーと11歳のニコ、その家族の物語。
普段は優しいが酒を飲むと人が変わる父アダム。家を出て行った母親イヴ。頼る大人がいないビリーとニコの姉弟。ある日出会った少年マリクとともに、彼らは逃走と冒険の旅に出る!世界はとても悲しい。でも、幸福な1日はある。その1日がずっと長く続きますように。すべての大人に子供時代のきらめきを思い起こさせ、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門で最優秀作品賞を受賞した。

関連映画
「スウィート・シング」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)