古い未来都市 screen ベティ

<仁川ミリム劇場同時上映&オンライントーク>開発と保存にゆれる仁川。町と人のドキュメンタリー

【監督】チョ・ウンソン
2021年/韓国/82分/DCP

オンラインチケット購入はこちら
3月26日(土)
15:00〜17:30
  一般 大専 シニア
通常 ¥1,800 ¥1,500 ¥1,100
会員 ¥1,500 ¥1,200 ¥1,100
高校生以下・しょうがい者:¥1,000
韓国ミリム劇場と、日本のミニシアターとの日韓同時上映!上映後は劇場間をつないだオンライントークあり。

街を消費するのでなく、未来に引き継ぐためにー
韓国・仁川−失われつつある“街の模様”を残したい

韓国・仁川(インチョン)は、首都ソウルに隣接し、1883年の開港以降、いち早く近代化を経験した。韓国内で初めて鉄道や空港ができ、海運業が始まった場所である。また仁川の旧都心である中区(チュング)は、日本による植民地時代に開発が行われ、赤レンガの近代建築物や植民地建築がいまも残っている。
現在、このエリアでは「開発」と「再生」という2つの概念が激しく対立している。
壊して「開発」するのか、残して「再生」するのか。
古い街並みを残したまちづくりを進めてきた日本の尾道や倉敷の事例も交えながら、すでに多くの建築や路地が失われた仁川のなかでも、あるべき再生の形を夢見る人々の活動を紹介する。

「単なる再生でなく、私たちの生活の場を魅力的にしたい」氷倉庫を改装したアトリエを拠点にする建築再生工房代表

「バラの木、藤の木、とても美しいです。離れるのは寂しい」植民地時代に建てられた日本式住宅に40年以上住む住人

「ひたすら開発には反対です。ひたすら保存にも反対です。」1910年代に建てられた伝統的家屋を改装したカフェのオーナー


【チョ·ウンソン監督 プロフィール】
・劇映画「サンシャイン・ラブ」(2015)脚本・監督|富川国際ファンタスティック映画祭、大阪アジアン映画祭
・ドキュメンタリー「古い未来都市」(2021)|DMZ国際ドキュメンタリー映画祭、仁川人権映画祭

「古い未来都市」への感想・オススメ文・期待コメント
映画を観た方の感想やオススメ文、これから鑑賞予定の方からの期待コメントなどをお待ちしております。facebookに投稿し、お知り合いにもぜひご紹介ください。
※コメントは承認後に表示されます。作品の詳細(ネタバレ)に触れられたコメントなどは表示されません。ご了承ください。
上映スクリーン
screen ジャック
館内入り口/チケット窓口/売店
パウダールーム/フライヤーコーナー/映写室
映画タイムテーブル
上映作品検索
※作品名・監督・出演者・製作国・制作年で検索することができます。
毎月の映画料金がお得になる、ジャック&ベティメンバーズクラブ、会員募集中!
ジャック&ベティブログ

月例イベント

ひばりチャンネル

不世出のアーティストが生誕地・横浜のスクリーンに甦ります。

ブログ

ジャック&ベティサロン

梶原支配人とともにざっくばらんに話しましょう。
ジャック&ベティスマートフォンサイト
LINE用QRコード
ジャック&ベティ公式LINEアカウント
友だち追加数
(スマートフォンのみ)